DL&インストール


入手先



インストール Windows

Javaのインストール

 既にJAVAがインストールされている場合は省略可
  • 入手先にて最新版をダウンロード、インストール

PMS本体のインストール

  • 上記入手先から、Windowsロゴをクリックし、ダウンロードする。
  • インストーラ形式となっているので指示に従いインストールする。
  • Vista 以降では標準のインストール先フォルダである「C:\Program Files」に対してアクセス制限が掛けられている為、正常に動作しないようです。
    対策としては、別途書き込み権限のあるフォルダをインストール先にするか、
    「C:\Program Files\PS3 Media Server」フォルダに対して、プロパティ画面から「セキュリティ」タブを開き、「Users」にフルコントロールのアクセス許可を与えてください。


インストール Linux CUI

  • Windowsからコンソールでの作業を想定。環境:Fedora 15、PMS 1.23.0。

Javaのインストール

  • 上記入手先にて最新版をダウンロードしてください。
  • rpm形式は、wgetなどでダウンロード後、ファイルに実行権を与え、実行することでインストールが終了します。

# wget http://javadl.sun.com/webapps/download/AutoDL?BundleId=49018
# chmod a+x jre-タブ押す
# ./jre-タブ押す

PMS本体のインストール

  • 上記入手先から、 ペンギンのロゴをクリック。
  • pms-generic-linux-unix-?.??.?.tgzをダウンロード。
  • 解凍し、適当なフォルダに配置。

# wget http://ps3mediaserver.googlecode.com/files/pms-generic-linux-unix-1.23.0.tgz
# tar zxvf pms-generic-linux-unix-1.23.0.tgz
# mkdir /opt/pms
# cp -r ./pms-linux-unix-1.23.0/* /opt/pms/

動作確認

  • PMS.shを実行。
  • Windows 7であれば、Windows Media Player を起動すると、「その他のライブラリ」に「PS3 Media Server[unknown host]」と表示され、起動を確認できる。
  • PS3で確認してもよい。共有範囲は/。
  • Ctrl+Cなり該当タスクを切るなりしてPMS.shを終了。

周辺ソフトウェア、必要ライブラリ等のインストール

MPlayer、ffmpegのインストール
 RPM系であれば、リポジトリにATrpmsを追加します。


 以下、Fedoraの場合。

# vi /etc/yum.repos.d/atrpms.repo

 ATrpmsは既存パッケージに対する影響が大きいため、enabled=0としておき、yumの--enablerepoオプションで明示、限定的に使用する。

[atrpms]
name=Fedora Core $releasever - $basearch - ATrpms
baseurl=http://dl.atrpms.net/f$releasever-$basearch/atrpms/stable
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=http://ATrpms.net/RPM-GPG-KEY.atrpms

 ATrpmsを利用し、mplayer、ffmpegをインストール。

# yum --enablerepo=atrpms install mplayer ffmpeg

MediaInfo
MediaInfo Downloadより、各OS向けのパッケージをインストールします。


VLC media player
 Official Downloads of VLC media playerより、各OS向けのリンクをクリック、指示に従います。

 Fedoraの例(この手順ではrpmfusionリポジトリが追加される)


PMS.confの書き方



 以後調査中……。



以上。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。