※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 流通に関しては、小学校区単位までは民間に自由競争させて、個別配達だけを地域本部の配送公社に任せることで、はがきは一枚十円で配れるようになる。
    • 公社というよりも、むしろあれだ、中学校区ごとに個別配達流通独占権を販売すればいい。で、新聞も小包も信書もなにもかもをそこにぶちこむ。

  • 老幼処の建設について、老人が一人で住んでいる広すぎる家が多すぎるので、三人一世帯に集約して、残りの二世帯の売却益で介護人の人件費をまかなう。これによって、公費の支出なしに、かつ介護人の人件費も高く設定できる。
  • 努力する農家の所得最大化を実現。米の生産調整は、価格下落が経営に影響しない措置を充実。
    • 産地確立交付金など水田フル活用に向けた対策を強化。農業所得向上のため、地産地消や消費拡大キャンペーンなどを推進。
      • 農業が必要な所得を確保するための新助成制度を創設。高付加価値産業としての農林水産業を確立。
    • 農畜産物の販売価格と生産費の差額を基本とする「戸別所得補償制度」を実施。
      • 農地の総合評価制度を導入し、所得補償の基準を明確化。無農薬、減農薬作物に対する奨励金を設ける。
      • 農地の総合評価制度を導入し、所得補償の基準を明確化。無農薬、減農薬作物に対する奨励金を設ける。
      • 米の減反を段階的に廃止。農業を継続する意欲のある者に直接支払い制度を創設。
      • 減反政策を抜本的に見直す。所得補償の充実で農家を守り、漁業も支援、後継者育成を推進。
      • 農林水産業に直接所得補償を創設。強制的な減反は廃止。WTOを改革、FTA/EPA政策を見直す。
      • 価格保障・所得補償の拡充を実施。WTO農業協定を根本から見直すよう求める。
        • むしろ、自由化したほうがいいんじゃない? 農業技術だけを日本で開発して。@YM
  • 地域が自ら創意工夫していく「地方主権体制」にシフト。地方財源の地方移転を進める。道州制について首長や地方議会の声を聞く。
    • 道州制は否定。小規模市町村の持続的自律を目指し、市町村連合を構築する。
  • 国と地方の代表者が協議する機関の設置を法制化。
    • ひも付き補助金と地方交付税を廃止、それに見合う財源を地方に移譲。7年以内に「地域主権型道州制」に移行。
    • 地方交付税を復元(5年で10兆円)、いきいき地方復活交付金(5カ年計画で18.5兆円)を新設。
    • 政府と地方の代表者が協議する「地方行財政会議」を法制化。削られた地方交付税を復元・増額。
    • 道州制と市町村再編の押しつけに反対。地方交付税を復元・増額。
    • 地域主権型道州制導入を目指す。国と地方の代表が協議する「分権会議」(仮称)を設置。
    • 国直轄事業の約1兆円の地方負担金を廃止。国と地方の協議の場を法律に基づいて設置。
  • 分割落札が高コストな件について<どうすればいい?
    • 共同機械利用機構みたいなのをつくるとか。
    • 機材のリースやらがかさむらしい。つまり地元に流れない金がかさむ。