※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



  • これは、高校に導入してもいいですね。
  • ↓こういうことも可能になる。吹き替えを使って、それぞれのテーブルにテレビさえ置けば。
  • 同時にS市もそのコスモポリタンさでは群を抜いていた。F本は増え続ける外国の子供の教育問題を解決するため、公立小学校や中学校に「外国語での授業」を導入したのだ。教師は日本ではなく、それらの国から呼んでくることにした。
    • いまやS市で教育を受けた子供達の就職状況は極めて良好だ。多くの企業にとって、これからの主戦場は少子化で市場が縮小する日本ではなく、アジアでのビジネスの成功が今後の企業の成長を左右する時代になっていた。多くの一流企業が中国語、韓国語、インドネシア語などを英語とともに操るS市出身者に関心を示し始めていた。
    • F本はこれを利用した。事実上、「どの言語で授業をとってもいい」という方針に変更したのだ。もちろん文部省からは相当の嫌がらせを受けたのだが、“日本の国際化の最先端事例”としてニューズウイーク誌がS市を取材してくれたことが後ろ盾となって流れが変り、霞ヶ関からの反発を抑えることができた。
    • 授業は、中国語、韓国語、英語、そして日本語など様々な言語で行われ、日本に来たばかりの子供は現地語のクラスへ、日本語を覚えれば、日本語クラスに移行する、という予定だった。ところが、思いがけないことが起った。友達と一緒に授業を受けたいと、日本人の子供達が一部の授業を中国語や英語などで受け始めたのだ。彼らはお互いの言葉をお互いに教えあい始めた。
  • 全国から高学歴な精神疾患のある生活保護・障害者年金受給者を集め、商売として成り立つ形にすることで、行政の負担を減らし、社会的弱者に復活の機会を与えます。
  • また、アダルトライブチャットのシステムと同じスキームで、学校から接続できるネット上のライブ家庭教師システムを構築。
  • 財源には、成績に連動しておこづかいを変えることのできるシステム「おこづかいふぁんど」を当てます。
  • 顔なじみの先生から授業が受けられるよう、市内のすべての授業を配信することとし、経費をかけないためにYoutubeやveohを利用します。
  • 公立のフリースクールも開校します。
  • ネット上の動画配信型授業などを駆使して、学校にこれない子供が転落することのないようにつとめます。