※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 「行きたいのに行きづらい商店街」の弊害を解消するために巨大商店のなかに地元商店街テナントを入居させ、大型開発と地域の共存を図ります。そして、CO2でケヤキを傷めることがない公共交通中心の都市へ。また、防衛省と共同で地下鉄を核シェルター化し、万が一の事態に備えます。景観条例は高さ規制を設けず、街から消費者金融などの看板を一掃し、モノトーンの色彩規制を設けることで世界にも類を見ない文化的情緒のある街を目指します。
 そんな街を少し抜けると、もう一つの街。決して人を眠らせないもうひとつの楽しい街も。三店方式のカジノを地元資本で回転させ、再開発が進まない町には中華資本を導入、ラスベガスとオックスフォードが同居したような街を目指します。


  • 海外からの建築資材を輸入。日本企業製品の逆輸入も可。関税と規制をかけなければ、住宅建設にかかるコストは四分の一となりフリーターでも持ち家が可能に。水道管なども役人による認証などの利権を廃せばコストを四分の一にできる。
  • 建築基準法の改正で、キャドの送信だけで四十八時間以内に安全性確認が返信可能に。出口規制の強化で雇用を生み出す。確認用公務員の全員解雇とキャドオペレーターの強化。

東南アジア(タイ・ベトナムなど)の特に治安の悪い地域では、フランス製の上質な衣料が災害の救援物資の横流しなどの形で非常に安く売られており、これを安価で転売する基地を作れば新しい産業になる。(倫理的に問題のある商行為ではなく暑い東南アジア諸国に高品質な革ジャンなどは必要ないためにこのようなことがおこる)

とくに、手形割引を利用して企業から機器を引き上げる方法での安価な機器の販売が効果的

○技術・住宅・遊戯・農業の各ファンドそれぞれに一兆円集める目標を立てる。
○錦が丘に高級老人ホーム・ホテル街を作り、利用者限定で使える三点方式のカジノ・売春宿特区・劇場などのアムューズメント街を作り、中国一億人の富裕層をターゲットに売り込みをかける。一年あたり一千万人の来客を見込み、租界として青少年などが立ち入りのできないようにする。(西道路は自動車専用道路で、錦が丘はやろうと思えばアクセスができなくなるので都合がいい)

(相続税増額・資産課税の一方でのベンチャー企業株式への相続税無税化・資産・利益課税無税化、および法人市民税の減免、良い格安テナントの提供などの支援体制で支えていく。)



 ※一部の政策を、仙台インターネットマガジンさん http://www.im-sendai.jp/ から紹介させていただいております。議論の発展を願ってのことですので、なにとぞご理解のほどよろしくおねがいします。☆IMS☆が仙台インターネットマガジンさんからの政策です。(以前リンクを了承していただいた際に、当該政策ページへのリンクを失念していたこと[トップのみ紹介]、区別が明確ではなかったことをお詫び申し上げます。今回、再確認し、検討したうえで訂正を加えました。今後は気をつけます)

http://www.im-sendai.jp/archives/cat_41/ IMS仙台関連
(記事数が膨大なため、まず、まとめて紹介させていただきます。おのおのの政策については各項目で直接記事にリンクをはっております)

 ※また、紹介・リンクに際しましては、当該サイトの管理人に連絡を取って行っております。仙台インターネットマガジンさんの、紹介・引用に関する考え方は以下のとおりです。ブログなどで紹介される際には参考になさってください。
http://www.im-sendai.jp/ginger/inyou.html 



http://www.sangiin.go.jp/japanese/70/70-2.htm
○政治首都 東京から一時間少しで到着する仙台近郊に、幻とされた二十の議事堂を円状に建設します。内部に公園を作り、緑と政治中枢が調和した杜の都ならではの政治首都を建設し、東京への一極集中を是正します。
○文化首都 三種の神器がいまだにのこる京都に皇居を移動していただき、信仰の自由をみとめつつ神道を国教とし、強い権限集中型の大統領制の導入により、象徴天皇としての役割を文化を護った形でますます果たしていただきます。
○経済特区 全国十以上の政令指定都市をタックスヘイブン化し、ヘッドクオーター機能の地方への分散と、職住近接、都市機能集約による支店経済から脱却した地方経済の成長と発展を果たします。
○スラム化を防止し、地域への経済効果をもたらします。
○しかし、自治体からは一切資金を提供せず、既存の地元パチンコ業者などにテナントを貸す形をとり、現在の法律で認められている三店方式を模した形でのカジノを作ることで、特区の申請なくして、経営することが可能です。
○東南アジアや中国・韓国からの富裕層を呼び寄せ、地元の貸金業者やホテル業者などへよい影響を与え、税収を飛躍的に拡大させます。
○パチンコ一円規制などでの損失をこの施設のPFIなどで埋め合わせさせますが、北朝鮮への資金の流れを絶つために、経営者の身体検査を設け、韓国籍・日本籍の住民のみに委託します。
○また、国民の射幸心をあおり健全な労働への意欲を失わせないように、中国の富裕層を中心とした外国人観光客向けとし、北朝鮮のように外国人観光客向けの通貨を発行し、その通貨によってしか利用できないシステムづくりをすすめます。
車社会からの脱却を目指し、車の立ち入りを禁止する区間を設け、アスファルトを剥がし、石畳とレンガの街づくりをすすめていきます。
○(特に、あおば通、広瀬通り、定禅寺通りの緑化促進)
○特に、横丁については、四年以内にすべて石畳とレンガを敷き詰めます。
○これは無縁仏の石材の有効活用と、道普譜の労働力の活用によって行われます。
○ウッドチップでもいいですが。
○基本的に駅の周辺三キロ以内で、駅に水平な道路はそのまま、垂直な道路は公園化します。
○公園化した道路の両脇には並木をつくり、ページェントの際にはあたらしくできた並木も点灯し、中学生の合唱団が第九を歌います。(当初は、七夕とページェント、すずめ踊りなど期間限定で車の通行を禁止します。)
税収を高め、健全な競争を促進し、地元商店との競争で、消費者により大きな利益と多くの選択肢を提供するために、規制を最小限まで抑えます。また、市主導での採算がとれそうにもない再開発計画は一切を中止し、民間による再開発に規制をかけない方向での再開発を光通信や先物業者から引き抜いた営業マン主導の下の活発な営業活動などを通して実現させます。
また、大規模店舗でのスーパー部分に当たるテナントの一部を市が買い取り、既存の商工業者に分割して貸し出すことによって、経済的なリスクが少ない状態で、Face to Faceの商店街ならではのよさがあるお店もしっかり残すことができます。
金のかかりすぎる道路建設を見直し、退職者の労働と、行政が提供する資材で、従来の1/10のコストで道路建設・改修を実現します。
これにより、戦車や航空機の通行を可能にするセメントへの張替えと、子供の安全・安心を守る自転車専用道路の建設が容易になります。
まず、一番最初にやらなくてはいけないことは、バスから地下鉄、地下鉄からバスの乗り換えを無料にすること。
マイカー通勤に対抗できるコストパフォーマンスを実現。老人パスの段階的な廃止で実現します。
商業広告看板を一律で禁止し、モノトーンの商店看板以外を認めず、ページェント時には、灯火管制を敷きます。高さ制限は無意味なので設けません。ガラス系のビルが増えすぎたので規制を掛け、また外壁の色合いも市街地については灰色系にすべて統一させます。これらの改修工事を行うことで、地元の建設業に雇用を創出します。また、定禅寺通り・青葉通りだけでなく、木町通り・南町通り・広瀬通りも東北大の巨大な並木を移植して、緑の美しい道路にします。東二番町通りのみは、セメントで埋め、いざというときには滑走路として使える態勢を整えます。
将来の需要を見越して、脱車社会の発展のために子供料金を無料化します。
近隣の飲食店などへの経済効果を考慮して、終電を遅くします。
指定された部分以外での駐輪場の利用を可能にします。
バスとの乗り継ぎが出来ない箇所への通学などが便利になります。
また、近隣商店街への経済効果も期待できます。
中心街の渋滞を防ぎ、公共交通の利用促進を図ります。
線路の軌間、電車の電流の種類が同じ場合、相互乗り入れができるようにします。
殺風景な地下鉄構内に潤いをもたらし、地元の芸術家に活動の場所を与えます。
一律料金化に際して、小銭を乗り出す面倒を省くために自販機を設置します。
石油からの脱却を目指し、クリーンエネルギーも視野に入れた規格の変更を行います。
観光資源にもなりうるバスをコンセプトに、景観を損なわない街づくりをします。
付加価値として、運賃が安くなった構内に、売店をふやします。地下街建設のためのスペースが仙台では空いているため、それを使い、地元資本の商店を興隆、地元発のベンチャーを応援します。
○市役所など公共施設の新築・改築を禁止し、既存施設の有効活用・アセットメネジメントに際した民間活力の導入を行います。
○老朽化した市役所は、仙台の場合ならばサンシティなどに移転し、巨大なドームを市議会とYM作業所と市民向け窓口に、ホテル部分を市役所になど、市役所の新たな形を提案します。
○また、民間部門についても、地下鉄沿線(通過地)の中学校区内については、一戸建ての新規建築を一切禁止し、新規建築に関しては都市機能集約を目指し、大規模な集合住宅のみを許可します。
一台あたりの人件費を二分の一に圧縮できます。
海外のファンドからの投資を呼び込み、異国情緒あふれる街並みをつくります。
○大きな赤字を垂れ流している地下鉄を有事に備えて核シェルター、地震時避難倉庫とし、安価な公共交通の提供とともに、赤字を垂れ流すのに十分な理由をつくります。
○また、地下鉄の赤字を補填するために、地下鉄沿線の中学校区にある地所を対象に固定資産税に地下鉄の赤字に対する市税補填額分を上乗せし(毎年実績ごとに変動)、健全な地下鉄公社運営を目指します。
○また、法律上、地下鉄公社への市税からの補填は禁止されているので、いままでの補助金を訴訟によって取り戻し二十五年分割で支払わせ、市民の負担を減らしていきます。
○また、全体的な防衛政策としては政府に中立自主武装を求め、低い予算で高い効果をあげることのできる防衛政策を提案していきます。核武装より先の、次世代型軍事機器の研究を進め、生命の尊厳をまもりつつも、最大限の攻撃・防衛能力を持つ機器の研究を進めていきます。
○厳しい雇用情勢をかんがみて、失業者救済と詰め込みバスの緩和を目指して、バスの緊急増便を行います。
○バス運転手の報酬半額カット、ワークシェアリングの導入による事故の防止など新たな対策を講じていきます。
○また、人口減という考え方が主流ですが、県外や海外移民や可能性のある貧困層の受け入れで人口が増えた場合には、学校とマンションの複合施設をむすぶモノレール中心の公共交通を整備し、放射と同心円状複数路線循環の組み合わせ路線で五百あまりの貧困層住宅・老人ホーム・マンションをつなぎます。
JRと連携し、公営鉄道との相互乗り入れを含めた提携をし、従来の貨物輸送用の線路を、旅客輸送用ても使えるように交渉します。
情緒のある大正時代の市電を再現し、観光資源としての市電を復活させます。
使わない人にも配られ、行政が負担しているパスの費用には無駄が多いため、志願制を導入します。(使わない老人と、使う孫で交換できるシステムをとってもいい。)
公立高校の学生に一律で通学パスを支給し、自宅近くの停留所から学校近くの停留所の料金を無償とします。(使わない老人と、使う孫で交換できるシステムをとってもいい。いずれにせよ、老人パスは段階的に廃止して、公立高校学生パスに移行する)
進学校を対象に、隣県の優秀な児童を受け入れるために、午前五時から始発を出す長距離バスを導入します。
資金の回収が進めない造成事業の負債をふやさないために、販売できるまで市民農園化し、意欲のある地域住民に貸し出します。
固定資産税の回収が進めない塩漬け土地の負担をふやさないために、販売できるまで市民農園化し、意欲のある地域住民に貸し出します。