※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

この企画書は書きかけの状態です。

編集・追記してくださる方を募集しています。

概要


歴史的経緯


現在の評価・問題点


目的


ⅰ ターゲット


ⅱ 社会貢献としての意義


内容(全体的構想)


ⅰ 現状が必要とする


ⅱ 企画の目的を果たしている


ⅲ 課題を解決している


ⅳ 所与の条件に適っている


内容(部分的構想)


ⅰ 現状が必要とする


ⅱ 企画の目的を果たしている


ⅲ 課題を解決している


ⅳ 所与の条件に適っている


問題点


ⅰ 技術的課題


ⅱ 社会的背景


ⅲ 消費者動向


ⅳ 市場動向


効果

ⅰ 技術的課題


ⅱ 社会的背景


ⅲ 消費者動向


ⅳ 市場動向

予算


ⅰ 一万人規模(小規模市町村)


ⅱ 十万人規模(中規模市町村)


ⅲ 百万人規模(政令指定都市)


ⅳ 千万人規模(首都)


ⅴ 一億人規模(全国)


工程表


~三ヶ月


~六ヶ月


~一年


~二年


~四年


基礎資料


ⅰ 文献


ⅱ 報道


ⅲ ネット上のソース


ⅳ コメント


参考事例


ⅰ 一万人規模(小規模市町村)


ⅱ 十万人規模(中規模市町村)


ⅲ 百万人規模(政令指定都市)


ⅳ 千万人規模(首都)


ⅴ 一億人規模(全国)


取材レポート


ⅰ 一万人規模(小規模市町村)


ⅱ 十万人規模(中規模市町村)


ⅲ 百万人規模(政令指定都市)


ⅳ 千万人規模(首都)


ⅴ 一億人規模(全国)


中小建設業者の仕事を確保する

http://www.jcp.or.jp/giin/senkyo/04_sanin/04seisaku/bunya.html#03

 公共事業の内容を生活密着型に転換することは、中小業者の仕事を確保し、地域経済への波及効果をもたらすうえでも重要です。

 生活密着型の事業は、大型開発事業に比べて、中小企業の受注が格段に多くなります。東京都の発注した臨海副都心関連の大型工事では大企業の受注が9割ですが、福祉・住宅・教育関連の工事では中小企業が8割を受注しています。雇用効果や経済への波及効果も、生活密着型事業の方が大きく、公共事業の転換は、経済にも良い効果をもたらします。

 全国の市町村で実施されている住宅リフォーム助成制度は、助成額の20倍以上の工事が実施され、関連産業を含めると、その2倍以上の経済効果を生んでいるといわれます。これを国が支援することや、遅れている学校耐震化工事を急ぐことなどによって、中小企業の仕事を増やします。

 大手ゼネコンが小規模な公共事業にも進出して、ダンピングや下請けコスト削減など、中小企業の経営を圧迫しています。政府は、官公需法による中小企業への発注金額目標の設定をなくせという大企業の要求にこたえて、その検討を開始しているといわれますが、こうした動きに反対します。