※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


  • ○(これについては、リベンジ試験の導入で再び元の職場に戻る機会も確保します。)また、基本給を景気を示すさまざまな指標と連動させることで、景気回復への意欲を掻き立てます。
  • しかし、一切人減らしは行わず、過剰人員(バスの勤務態度不良者・教員の半分・窓口業務担当者)などは、自治体むけのコンサルティング営業・市民向けの生活相談など利益を生む出す他業務への移動をお願いします。
  • また、戸籍業務など一般アルバイトでもできる仕事では、積極的に一般アルバイトを導入し(事務処理試験あり)、人件費平均(歩合制の教員・営業マン・内部告発給・節約給除く)を民間サービス業平均まで下げます。(政策立案系職員・医師除く)
  • 月割り基本給として現金で手渡しで支給します。
  • これには従来の人件費総額の四割をかけます。
  • 各部局・学校・施設ごとに達成すべき数値目標を明確に設定し、達成度に応じて基本給を分配します。