※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


  • また、人口減という考え方が主流ですが、県外や海外移民や可能性のある貧困層の受け入れで人口が増えた場合には、学校とマンションの複合施設をむすぶモノレール中心の公共交通を整備し、放射と同心円状複数路線循環の組み合わせ路線で五百あまりの貧困層住宅・老人ホーム・マンションをつなぎます。
  • バス運転手の報酬半額カット、ワークシェアリングの導入による事故の防止など新たな対策を講じていきます。
  • 厳しい雇用情勢をかんがみて、失業者救済と詰め込みバスの緩和を目指して、バスの緊急増便を行います。