※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


  • 最終的には、この課税を年率二分の総合資産課税に一元化します。
  • 日経255銘柄についても、税額を従来の半分、(相続で二十五パーセント、利益で十パーセント)とします。
  • また、ベンチャー企業株式の配当・売買利益には税金をかけません。
  • 税制上での研究開発費の自由償却、設備投資の加速度償却制度の創設をし、設備投資からキャピタル・ゲインが生まれ、そこからまた新しい設備投資が生まれる活力ある社会を目指します。
  • 創立十五年以内の環境技術産業系企業(本社仙台)に特化した証券取引所「仙台証券取引所」を設立し、新しい産業の興隆を手助けします。
  • この労働者と資本家の垣根をなくし、だれもが成功できる機会を与えられる社会、生産手段が高度に公共のものになる社会が理想の形態だと考えます。
  • しかし、株式を一株千円以下に分割することを義務付け、一株単位から変えるようにすればだれもが資本家になれます。
  • また、ベンチャー企業に対する法人市民税も減税・もしくは無税にします。かつての共産主義諸国における生産手段の社会化が失敗したのは、独占的な企業形態から生まれる意欲の低下によるものでした。
  • 実質的に預金にはマイナス金利を掛け、相続制度は廃止しますが、社会に対する貢献の高さからベンチャー企業株式に対する相続税は撤廃します。