※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最低賃金を今より改善。生活と経済実態の両面を考慮し、段階的かつ継続的な引き上げ。
労働者の不当労働を是正するための労働基準局の適正な運営。
少子高齢化、多様な生き方、雇用流動化に対応した職業訓練
再教育の拡充、その間の生活保障。再チャレンジ支援促進。
同一労働同一賃金の徹底。
一般労働派遣の原則禁止。
外国人労働者は、知的生産性を基準に受け入れの可否決定。
外国人労働者の過重労働からの保護。

★農水
自給率向上
食料自給率の改善。
食の偽装に関するザル規制の改正。再発の防止。
畜産に関わる人間の育成を奨励。
給食費の全世帯徴収地方均等割と給食メニュー多様化による児童の食育環境格差の改善および、給食採用による希少作物生産者の保護
原油価格の安定のための投機抑制(トービン税の検討など)の提唱。
バイオエタノール、畜産の世界的な規制の提唱。
捕鯨推進。
農家へ実収穫を基準にした直接所得保障制度の導入。

★経済
経済政策
時代による需要の変化に合わせた公共投資のあり方を長期的な視野で研究。経済構造の移行を促す経済政策の提唱。
消費税の減税、生活必需品の無税化含め、他税も含めた税制改革の提唱。
法人税に応能負担の考えを導入。企業の過剰内部留保の研究分野、労働者、市場への流入促進。
中小企業に対する補助政策の提唱、補助政策による根幹技術の保護と労働者への還元。
技術研究を大いに奨励。世界に先駆けた技術立国への土台作り。
すべての国民にネットアクセス権を保障。
資料、論文等、情報の共有化促進のための国営データベースの設置。

自ら学ぶ楽しさと、自発性を促し、学校との関わりを深め、将来なりたい職業を見つけてもらうための教育の奨励(義務教育での選択授業と委員活動の導入)。
国語教育の充実と、道徳心を育てる授業の奨励。
制度の改善のための財源の確保。
いじめの撲滅を目指し、学級崩壊を軽減させる施策導入。
オープンソース、クリエイティブコモンズ(知的財産有効活用のための積極的な利用条件明示)の振興と、教育
給食費の全世帯徴収地方均等割と給食メニュー多様化による児童の食育環境格差の改善および、給食採用による希少作物生産者の保護。
中等教育に基礎法学、流通経済基礎を必須科目として追加。
少人数学級の実現。
専門職としての初等中等教師を育成。
技術としての「教育」の研究し、現場へ応用できる制度設定。
詰め込みでなく考える力を導き出す教育。
感性を育て、郷土や居住地に対する愛郷心を育てる教育。

国民皆保険制度の維持。
医療崩壊の建て直しに向けた財源の確保。
薬品に関する認可制度を、安全性と能率化の両方の観点から、適正なものを導入。
医療介護従事者の過剰労働、低賃金を、供給と構造、制度改善から緩和。
医療、薬品の研究を奨励し、世界に先駆けた技術と知識を追求。
医療裁判に対する紛争解決システム保護制度の導入。
生存権を担保するための共同体(国有施設)の設置。
ボランティア促進の法整備。
自殺防止プロジェクトの策定と推進。

★政治行政
選挙制度の構築
庶民の政治参加を容易にする選挙制度の構築。
制度構築の仮定の透明化。
パブリックコメントを重視し、公聴制度を構築し、国民の声を活かすための審議会制度の改正。
議員年金含め、議員の給与体系の見直し。
レジャータイム政治家の導入(現場の労働者医療や法律の専門家の政治参加促進)。
供託金の軽減供託金没収制度緩和等の選挙制度改革。
道路特定税源等、地方への財源移譲促進。
地方の住民の要望に答えるための地方主導での道路作り。国土交通省地方道路整備局の縮小。

★環境
太陽光発電
太陽光発電
環境技術への研究開発援助。
環境エネルギーの買い取り制度、太陽光発電パネルの公施設設置、パネル設置住宅への補助
環境問題への国際連携強化(京都議定書ホスト国としてのリーダーシップ発揮)。