※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 一票の格差が許されるなら、いっそ選挙区を納税額単位で区切ればいい。そうすれば大都市中心の政治にできて、効率がよくなるから。まぁ、実際には人口単位ごとでかつ、サイクル制がいいだろうね。
  • 都議会は都議会そのものをなくして、市区町村長の会議に変える。
  • あと、一票の格差についても
  • マイナスポイントの加算できる±選挙を導入します。くじつきとします。
  • おのおのの市政報告は市政だよりと一緒に、選挙公報のような形で作れるようにすることで議員それぞれの経費を削減します。反問権の導入、一問一答制の導入なども併せてすすめます。
  • 上院の給与を半分にし、それを下院の日当に充て、不適切とされる政務調査費を廃止。>○
  • しかし、下院は定員二百名の各学区ごと一名の小選挙区制度を採用し、会派の結成を認めず、新しい議会の形を模索します
  • 議会を上院と下院に分け、上院は定員六十名で小選挙区・会派あり。
  • 市議会を土日に開かれるようし、レジャータイム政治家の導入を目指します。