※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • また、大規模店舗でのスーパー部分に当たるテナントの一部を市が買い取り、既存の商工業者に分割して貸し出すことによって、経済的なリスクが少ない状態で、Face to Faceの商店街ならではのよさがあるお店もしっかり残すことができます。
    • 近代的なモールへの転換で一定条件を満たしたものはPFIの対象として免税債付き債券を発行できるようにする。つまり商店街の組合を債券の発行主体とするために株式会社にする。そしてサイバーモールの併設、宅配機能の充実、駐車場・駐輪場の併設を義務づける。そういうことがどうしてもできない場合は、組合員の3分の2の賛成があれば代替地を自治体が斡旋し、現有地と等価交換して新しくモールを造ることができるようにする。そのプロジェクトが良ければ、その会社に民間資金が集まってくるから、公的資金をほとんど注入せずに商店街を活性化できるわけだ。