※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 最終的には、この課税を年率二分の総合資産課税に一元化します。
  • また、これを財源とした高齢者福祉を行うことで、各年代のがんばりがそのまま老後の安心へとつながる社会をつくります。
  • また、資産を非生産手段的資産、労働生産手段的資産、番頭経営を利用する生産手段資産、非労働生産手段的資産、に分け、それぞれでも税額を分けます。
  • 相続税を少しずつ範囲を拡大して、累進課税で引き上げます。現在は一億円以上が五十パーセントですが、最終的にはすべての相続資産にフラットタックスで五十パーセントの税額をかけます。