※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 最終的には、この課税を年率二分の総合資産課税に一元化します。
  • 最終的には土地は租借権をベースとした取引とし、資源が効率的に分配される社会を目指します。まずは、フラットタックスで五十パーセントの税額をかけることをめざし、範囲を拡大し、累進課税をしながら、様子をみます。