※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • あと、先端医療が韓国並みに受けられるように、海外の製薬会社にとっても魅力的な市場になるような門戸開放を進めなくては。
  • ジェネリックと、ライブチャット診療、バベルの塔診療、ライブチャット手術、これが医療費抑制と地域医療の再生を両立させる鍵になりそうですね。
  • ただ、イノベーションのためには、二十年で権利が切れて、ジェネリックに移行というのはいいかもですね。
  • ジネリック医薬品は本当に安全で、同じ効果をもたらすのか。財政支出の減少に焦点を当てた政策ではなく、きちんと人々の安全のためになる政策を作るための認可制度改変を進めます。