※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • しかし治験報酬を目当てに“体を売りに来る”若者もいる。彼らの将来を考えると、何度も短期間に治験に参加できないように規制するなど、厳しい取り締まりが必要だ。それらのデータベースを構築しようとしているのだが、これはF本の任期中には終わりそうにない。F本は乾いた唇を舌でなめてうるおした。「もう1年早くとりかかるべきだったな」とつぶやきながら。
  • これらの治験では薬や事前の診察はもちろんすべて無料であり、むしろ一定の報酬が支払われる。高い薬を購入する財力のない人たちには悪い話ではない。薬を投与した後はデータをあつめるために患者は一般の場合より細かく事後経過を観察される。それも全部無料なのだ。しかも薬の多くは、既に欧米では何年にもわたって使われており、むしろ国内での認可を待ち望んでいる人たちもたくさんいるものだ。
  • 「あれはもう少し規制を強くする必要があるな。」F本が唯一気になっているのは、F本がS市に誘致した大規模な治験施設だった。薬というのは欧米では長年の使用実績があっても、日本で治療に使えるように認可される前には日本で実際に人に使ってみての検査も必要になる。一定の条件の患者、もしくは健康な人が集められ、半分は砂糖水などの嘘の薬、半分は検査をする必要のある薬を投与され、結果を比較して実際の効果を計るものである。
  • 製造業の中でもっとも開発研究費のかかる製薬業のための開発支援ファンドを作ります。