※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • ホワイトカラー公務員は多能工化で、人員を七割削減。教員はテストゼミ方式で半減。ブルーカラー公務員は、給料を民間並みにして半額。パス・地下鉄運転手にはMKシステムを導入しての黒字化達成。
    • 教員はサテライト授業の本格導入で最終的には、百万人都市で百人まで絞り込む。生徒への指導は、夜七時から登校する大学生の講師が行うことで、コストの削減と学費・生活費の無料化を実現する。

  • 国家・地方公務員の天下りを禁止。国、地方の議員、首長は同一選挙区で連続4回以上の立候補を禁止。衆院は選挙区選出のみ。
  • 「行政のムダ」を国民がチェックできるよう会計検査院の機能を強化。
  • 天下りあっせんは全面禁止。公務員の労働基本権を回復。
    • 官僚の天下りを全面禁止。違反には刑事罰を導入。国会議員給与を3割、ボーナスを5割カット。
    • 一部高級官僚の天下りや「わたり」を早急に止め、これを可能とする定年制を導入。
    • 官僚の天下りや「わたり」を禁止
  • 次回総選挙から国会議員の親族が同一選挙区内で立候補する場合、公認・推薦しない。
    • 政治家の親族が、同一選挙区で連続して立候補することを禁止。
    • 同一選挙区からの世襲立候補や政治団体の相続をただちに制限。
    • 衆議院選挙を全国11ブロックの比例代表制にする。国会議員の「世襲」はなくす。
    • 衆院に新中選挙区制を導入。国会議員の親族が同一選挙区から立候補することを党として禁止。
    • 国会議員の親族が同一選挙区から連続して立候補することを認めない。
  • 官民人材交流センターの再就職支援を廃止。
    • 退職管理を官民人材交流センターに一元化。