※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 空港は政令指定都市に一つでいい。成田は廃止。羽田を拡張。で、要らなくなった空港はすべて原子力発電のゴミ捨て場とか、原子力発電所とかにすればいい。利権政治家を産んだ土壌なんだから自業自得。
    • あと、全世界から核のゴミを集めよう。人じゃなくて、電子機器向けの原子力兵器に転用できるしね。

    • 暴走自由サーキットがいい。格好いい車が飛ぶように売れるようになる。
  •  貨物車・乗用車・特殊車両などの種類別、自家用・営業用の用途別
    •  道路公団の抱える39兆円の借金を返済するためには、
    •  両者を区別して決済する方法はいくつか考えられますが、2009年の
    •  プレート課税を支払った人には専用の色付きプレートを発行し、
    •  例えば、営業用貨物車は20万円/年、自家用乗用車は3万円/年
  • S市内の街灯は今やすべて個別の太陽光発電方式になっていた。そのため、日照時間の短い冬場などは午前3時頃には街灯が消えてしまう。しかし、年間数億円もかかっていた“街灯電気代”は他の費用に振り向けることが可能になった。
  • S市内では実際に支障がでてこない限り道路を掘り返しての工事をすることはなくなった。これは経費削減だけでなく渋滞緩和にもいい影響があった。もちろん公共事業は大幅に減ってしまったのであるが、いずれにせよゼネコンが公共事業で生きられる時代は2010年辺りで完全に終わってしまっていたのだから。
  • 電力、水道各社とも話し合い、市内の電線や配管のメンテナンス期間を国の基準の倍に緩和することになった。たとえば他の地域では3年ごとに取り替える電線もS市内では6年使われる、という具合である。これによりS市の水道代、電気代は隣接する各市の3割安になっている。しかもそもそも日本のメンテ基準は非常に厳しい水準に設定されていたため、S市で水道管破裂や停電が増えたわけではない。いや、実際には一年に一度くらいトラブルは起っているのだが、市民はそのことには納得している様子だった。