※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

関羽(かんう 生年不詳- 219年)
中国後漢末期に劉備に仕えた武将 字は雲長。元の字は長生
司隷・河東郡解(現在の山西省運城市常平郷常平村)の人
封号は漢寿亭侯
諡は歴代王朝から多数贈られたため爵諡を参照のこと
見事な鬚髯(鬚=あごひげ、髯=ほほひげ)をたくわえていたため
「美髯公」などとも呼ばれる。子は関平・関興。

その武勇、曹操が義理堅いと評した事から
後世の人間が神格化し関帝(関聖帝君・関帝聖君)とし、47人目の神とした。信義に厚い事などから、現在では商売の神として世界中の中華街で祭られ
そろばんを発明したという伝説まである。

『三国志演義』では
「雲長又は関雲長或いは関公、関某と呼ばれ、一貫して諱を名指しされていない」「大活躍する場面が壮麗に描かれている」など
前述の関帝信仰に起因すると思われる特別扱いを受けている。