伊賀式シノビガンダム(三重代表)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

伊賀式シノビガンダム(三重代表)

シノビガンダムとは源流は同じとされる二機のガンダムである。伊賀忍軍、甲賀忍軍、それぞれ一番の使い手のみが乗ることを許される
隠密機能に優れ、県間戦争時代は量産型シノビジム、量産型シノビザクを従えて暗躍した
機体の運動性能は他のガンダムを遥かに凌ぐが、小型ゆえに強力な武装を多く搭載することはできない
まさしくファイターの技術と能力が問われる機体であり、これを選抜したネオ三重・ネオ滋賀は賭けに出たといっても過言ではない
伊賀式シノビガンダムは格闘戦重視にカスタムされており、一撃の重さは甲賀式シノビガンダムを凌ぐ

テーマ


武装

ステルス機能
忍ブレード
強化手甲
クナイ
伊賀手裏剣
鳴子の鋼糸
火遁・水遁・土遁・木遁
MF用飛行凧

三重拳
伊勢湾旋風打
伊賀式忍闘法・芭蕉脚
伊賀式忍闘法・半蔵鬼撃
水遁・伊勢海老

GF

アオバ(CV:山路 和弘)
アオバはネオ三重代表ガンダムファイター、伊賀式シノビガンダム操者。
かつて県間戦争時代に影で死闘を繰り広げてきた伊賀忍軍と甲賀忍軍、県間戦争終結と同時にそのふたつの勢力は和解することとなった
その信用の証としてそれぞれの頭領の息子と娘を結婚させ、子供を作らせた。所謂勢力結婚である
当時生まれた二人の兄妹…それがアオバとクレハである。アオバは父と共に伊賀忍軍として育てられ、クレハは母と共に甲賀忍軍として育てられることとなった
そして時が経ち、再び県間戦争が勃発せんとした時、再び伊賀忍軍と甲賀忍軍の戦いも始まらんとしていた
だが戦争の方向はガンダムファイトに委ねられることとなり、全ての決着は一個人とガンダム一機に託された
そこでそれぞれの忍軍で一番の使い手に成長していた兄妹が選抜されることとなり…二人は十数年ぶりに再会することとなる。
アオバは父譲りの一本気な性格。忠義と掟を重んじるが故、少々融通の利かない所がある。

「これが私の生き様だ!」

  • ガンダムファイト後…すっかり老いてしまった父の後を継ぎ、伊賀忍軍の新たな頭領となる。時折姿を消したと思うと、影からひっそりと妹・クレハの修行を見守っている。