オンセンガンダム(大分代表)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オンセンガンダム(大分代表)

ネオ大分代表。
ネオ大分の名物温泉を利用した攻撃を得意とする機体。
間欠泉スプラッシュ、温泉たまご爆弾、ジゴクオンセンメグリなどがその例。
また熱水だけでなく天領水ストリームのような荒業も存在する。
目潰しを兼ねるCabosマシンガン等の攻撃方法も持つが、基本は徒手空拳に拠る格闘戦法と、湯を使った攻撃を取る。
他にはリミッターを外す宴符・月見酒に加え、国崩、雷斬なる二つの奥義もあるらしい。
後者二つに関してはオンセンガンダム本来の兵装ではないが、豊後の歴史の重みを魅せる大技である。
硫黄翔吼拳など温泉に含まれる成分を利用したりもし、意外と小技も多彩だが基本はGFの性格どおりの
得意技を全力最大限使っての真っ向勝負。海卵・高崎や壮烈岩屋城など、兵装でなく技で勝負する面がある。
ネオ熊本のヒノクニガンダムとは一点差での勝利、ネオ佐賀のガンダムEg250を最速で降すなど名勝負を残すが、
決勝戦では惜しくもネオ沖縄のシーサーガンダムの前に敗れる。

テーマ

「Hey you」 Vo.MIO(MIQ)

武装

Cabosマシンガン
温泉たまご爆弾
熱水ポンプ
宴符・月見酒

間欠泉スプラッシュ
ジゴクオンセンメグリ
天領水ストリーム
国崩
雷斬
硫黄翔吼拳

GF

レン・タチバナ(CV:岩男 潤子)
ネオ大分の誇るオンセンガンダムの女性GF。
嘗ての豊後一の名将、軍神立花道雪の一族の裔とされる。
現在の一族は学門の大家であり、立場的には令嬢で、その声も麗の一言。
静かにしていればクールビューティー……なのだが、本人に触れるとその印象は一気に吹き飛ぶ。
大胆、豪胆、豪快、陽気。漆黒の長髪を靡かせて戦場に赴く様は令嬢と言うよりは軍神か、戦乙女か。
ある意味、雷神とまで謳われた先祖の血を色濃く残すのかもしれない。
戦闘時は凛とした顔を見せるが、普段はおちゃらけた気のいい姉御。
相手の事を普段は「(旧国名)の」で呼ぶ。GRの「衝撃の…」に近いイメージ。
(EX「おう、薩摩の! どーだい、アタシと閻魔のまねェか?」
   「あっはっは、相変わらず信濃のは上品だぁね」)
大酒飲み。兎に角酒豪で宴好き。故郷の山海の幸を取ってきてはネオ大分を訪れる者に、
それが例え明日戦うGFであっても――盛大に振舞っている。
その性格ゆえに戦い振りはムラッ気がある。大勝あり、大敗有り、名勝負あり。
敗れて敗戦を引き摺らず、勝って勝利に驕らず、ただただその戦いの矜持を楽しむ。それ故に臆病を嫌う。
幼少時雷に撃たれたが奇跡的に無事。その時持っていた先祖伝来とされる小刀を「新・雷切」と呼び常に持ち歩いている。
一見すると粗野に見えるがその実頭の回転は速く情けは深い。故郷の人々の為に今日も戦いに向かう。
ネオ群馬代表ファイターの細君とは妙にウマがあう、らしい。

「熱い闘いだったぜ!」

  • ガンダムファイト後…毎日地元の男達と宴会を開いては酒ばかり飲んでいる。また、たまに他県のファイターが温泉に入りにやってきては一緒に酒ばかり飲んでいる。さらには一人のときでも酒ばかり飲んでいる。

ペリクレス・シャヴィエル(CV:かわのをとや)
レンのオペレーター兼コーチ。外国から来た、相手への敬意を常に忘れない紳士。
ムラッ気があるレンの短所を嗜めるのではなく長所を最大限に生かす事で、彼女のポテンシャルを引き上げてきた名伯楽。
静かながら内に秘める情熱は熱く、レンとはいい意味で対極的な人物である。アイスクリームに目がない。

「それでは、祈りの言葉を」

  • ガンダムファイト後…毎日地元の男達と宴会を開いてはアイスクリームばかり食べている。また、たまに他県のファイターが旅行にやってきてもお構いなしにアイスクリームばかり食べている。さらには一人のときでもアイスクリームばかり食べている。