ホー助くんDX

■通常時の止め打ち
  • Vが10時の位置(西北西)に来たら2発打つ
  • またVが10時の位置に来たら2発打つ
  • これの延々繰り返し
※毎周やらないと意味がない


■大当たり中のラウンド間止め打ち
当たり1回につき100発以上増える。


■ホー助チャンス中のV狙い打ち
  • ストロークはインテと同じくブッコミ弱めで。(ブッコミ狙いだと玉が暴れやすく、玉を拾うまでの時間が安定しない)
  • ホー助チャンス中はハネが開いている間に回転体が3周するため、Vに入るタイミングが3回ある。以下、この3つのタイミングをV1、V2、V3とする
  • 例外を除いて、V1→V2またはV2→V3と連続して入れても2回転させることはできない。(1回転目が瞬きリーチのときのみ連続回転が可能)よって、2回転させることができるのは基本的にV1→V3のときだけである。

  • 具体的な手順
(1)鳴くまで打ちっぱなしにする。(Vの位置を常に把握しておくこと)
(2)鳴いたらVが6時の位置で2発打ち。(まずV1を狙う)
(3)V1に入ったら2回転狙い。V2をスルーし、V3狙い打ち。→(1)へ
(4)V1を逃したら、確実に1回転させるためにV2、V3を狙い打ちする。→(1)へ

※(1)で打ちっぱなしにせず、鳴くタイミングも狙い打ちする手もあるが、負担高なのでオススメできない。
※2回転させることより、確実に1回転させることのほうが重要。
※インテだと平均6回転ぐらいしかしないが、この方法だと平均9回転は可能。