ぱちんこCR戦国乱舞 紺碧の双刃LX3

2011年7月29日正式版配信。

激甘インテで約25~30回転/250玉、25,000発出すにも一苦労。
回らない印象が強い、というかムラが激しい。
良い台の特徴はとにかく初当たりが軽い。
もちろんハマることもあるが、高層ビルが建つというわけでもない。
初当たりが軽くかつ3連に偏ることができれば5万発目指すことが可能。
単発に偏っても初当たりが軽ければ25,000発はなんとか出る模様。
余裕があれば5万発を狙うのもアリだが、25,000発で精算した方が安全(そのまま放置して運が悪いと後は飲まれるだけで二度と25,000発に戻らなかった台をちらほら見かけたため)。
導入イベ時のランキングを見る限りでは、神台は5~9万5千発出る模様。
とにかく大当たりの軽さと3連のヒキが大事。

液晶大当たりの場合は15ラウンド。
役物で大当たりの時は、この役物大当たりが1ラウンドになるので、16ラウンド表記(実質15ラウンド)となる。
これは戦国乱舞蒼き独眼やガロXXの仕様と同じである(ガロXXの場合は残り○○ラウンドと表示されるため、あまり馴染みがないかもしれないが)。

また、こういった機種に確率変動という概念は無い。
よってサミタ内でも実際のホールでも、モーニング仕様ということはあり得ない話である。

大当り確率 1/299.3
時短突入率 50.1%
時短 大当り3回まで継続(初回大当り含む)、又は99回転まで

【インテリジェンスオートの位置】