JavaFX


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

JavaFXメモ


ソースコードの記述方法

宣言方式と手続き方式がある。
  • 宣言方式=JavaFXっぽい書き方。
  • 手続き方式=Javaっぽい書き方。

宣言型

import javafx.ui.*;

Frame {
centerOnScreen: true
width: 500
height: 200
content: Label {
	font: Font {
		size: 24
	}
	text: "宣言方式"
	foreground: red
}
visible: true
}

手続き型

var frame = new Frame();
frame.width = 500;
frame.height = 200;

var font = new Font();
font.size = 24;

var content = new Label();
content.font = font;
content.text = "手続き型テスト";
content.foreground = blue;

frame.content = content;
frame.visible = true;


レイアウト

BorderPanelを使う
→Javaでいうボーダーレイアウトみたいなもの

メソッドにあたるもの

operationとfunctionを使用する

operationは複雑な処理をさせることが可能
functionは計算結果を返却するといった処理のみ可能

operationの例(定義部分)
operation showDialog() {
	MessageDialog{
						message: "テストメッセージ"
						visible: true
						title: "メッセージタイトル"
					}
}

呼び出し部分
		 : Button {
			text: "ボタン"
			action: operation(){
				showDialog();
			}
		}

ウィジェット・アトリビュートへのアクセス


モデルクラスとバインドを使用する

モデルクラスの定義例
イメージ的には抽象クラスのような感じ?
class MyModel{
	attribute test : String;
	operation showDialog();
}

モデルクラスの宣言
var model : MyModel = MyModel{
test : "テスト"
};

定義したモデルをバインドする
バインドすることによってアトリビュートに関連付けが出来る
TextField {
			width: 300
			value: bind model.test
		}