ストーリー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一つの時代が終わりを告げた。

国家という枠組みを捨て去り、人類はその思想を企業へと預ける。

しかしそれはたった一つの意思の具現化。動き出した発動機はその存在を確立していく。

【ネスト】

それは完全なるセカイを望む意思。
生まれては滅ぶ時代はセカイを作り変えるための百年間。


その存在の前に、生命は揺らぎ、意思は翻弄され、人類は疲弊する。
無意識が滅亡を望むとき、大破壊は姿を現す。


人は、無力なのか。

人は、滅びを迎える因子なのか。

人は、儚く散るのか。

人は。



しかし。
その混沌の中をただ純粋に飛び続ける翼がある。

歪みゆくセカイの中。


【レイヴン】


その意思は何よりも強く。

その力は強大で。

その心は純粋である。


レイヴン、その存在はいつも世界の理から外れている。







「レイヴン…。聞こえますか?レイヴン…。世界は…こんなにも、美しい…」


これより混沌の百年が始まる....