世界観


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■Armored.Core.Advanced.of.Myth.の世界観。

 Armored.Core.Advanced.of.Myth(以下、A.C.A.M.)はFROMSOFTWERE発売のゲームソフト、ARMORED CORE(以下、AC)シリーズをモチーフにしたオープンシェアワールドです。
 すべてのシリーズを一つの歴史として考え、世界観や設定を共有し2次創作のお手伝いが出来ればと考えています。
 ACシリーズがモチーフと成っていますが、オリジナル設定も多く盛り込まれています。ただしAC、レイヴン、企業などACシリーズに無くてはならない要素は基本的にそのままです。(一部解釈が違う場合や設定が変わっている場合もありますが。)


■A.C.A.M.の歴史。

 A.C.A.M.ではACシリーズをすべて一本の歴史として解釈していますが、その中でも大きな改変が起こった3つの時代に焦点を置いています。

A.W.
After.War.と呼ばれる、無印、PP、MOAをモチーフとした時代です。
A.A.
Another.Age.の名のとおり、2、AAをモチーフにした時代です。
A.R.
Advent.Rayerd.と呼ばれる、3以降をモチーフとした時代でオリジナル設定がもっとも多く盛り込まれています。
その他
4を中心としたストーリーで位置的にはA.A.からA.R.のストーリーです。詳しくは下記を参照ください。

 上記の3つの時代がA.C.A.M.の物語と成る百年間です。各時代の詳しい世界観は下記を参照ください。
 (4は外伝的な位置づけと成るためその他として分類しました。)
 各時代の節目には大破壊が起こり、今までの歴史は無かったものとされ人類は著しく疲弊します。
 各時代によって大きく技術力も差があり、もっとも技術力が高かったのはA.W.及びA.R.の星間戦争以降です。



■A.W.の世界観。

 A.W.の30年間はACシリーズでも初期の作品、PlayStationで発売されたシリーズをモチーフとしています。
 A.W.は各時代の中でも一番技術力が高い時代と位置づけ、人類の生活圏は地球だけではなく月、火星にまで広がっています。星間移動にはジャンプと呼ばれるワープで行い、後にプライマル・ジャンプと呼ばれる長距離ジャンプ技術も確立します。長距離ジャンプが可能になった人類はA.W.10に木星開拓を開始します。
 時代は国家解体戦争が終戦。人類は新しい時代へと期待と希望も持っており表面上平和な世の中です。しかしその裏では企業闘争が本格化し確実に滅亡への道を歩んでいます。
 戦争が終わったこの時代、レイヴンは傭兵というより賞金稼ぎに近い性質で依頼主も企業だけでなく資産家など一般人からの依頼も多く存在しました。
 ネストはこの時代にその規模を拡大させ、同時に人類をリセットしようとしています。そしてその目的は完遂されA.W.は大破壊を持って終わりを告げます。


■A.A.の世界観。

 A.A.の30年間はPlayStation2で発売された2、AAがモチーフとなっています。
 後の時代もそうですが、大破壊後はその事象が起こった以前の記録や技術はほとんど失われています。人類の生活圏も月を主要都市とした地球と火星だけです。A.W.の時代に木星へと旅立った人たちは生き残ってはいますが技術的な問題とネストの策略によって完全に孤立しています。
 A.A.の技術レベルはA.W.よりは劣りますがA.R.の星間戦争以前よりも上です。(A.R.は星間戦争によって火星との交流が回復した後にその技術レベルを急速に発達させます。)
 また無政府状態だった火星(企業が行政までも執り行っていた。)に火星政府が誕生し世界は平和に近づいたに思われましたが、地球での企業対立(地球は資源が沢山あるため企業闘争の最前線となっている)、ディソーダーの発生、更にはザ・ナインブレイカーの称号を持っていたレイヴンの叛乱と世界は混乱に満ちています。
 ネストはこの時代、遺跡と呼ばれるものを探しています。それは後の時代に大きな影響を与える代物で、その遺跡の発動をもってA.A.は大破壊を迎えます。
 人類は地下世界へ逃げ延び、また長き眠りにつくのです。


■A.R.の世界観。(初期)

 A.R.はACシリーズの3以降(4を除く)をモチーフとした40年間であり、もっとも混沌と破壊、平和と創造に満ちたまさしく神話のような時代です。
 A.R.初期、人類は未だ地下世界での生活を余儀なくされており、星間航行が出来ていた時代が嘘のようです。もちろん火星や木星との交流はなく他の星に人類が存在しているとは思ってもいません。(※2)
 世界情勢は企業の権力争いが絶えず起こっていますが、表立った戦争は避けレイヴンを使ったいわゆる代理戦争を行っています。この時代のレイヴンたちはその殆どが企業の狗となっておりフリーランスの傭兵は僅かでした。
 そしてネストは管理者を持って人類を管理しています。そして人類の種としての完成を待つはずでした。しかし初めてネストにとって予想外の展開が起こります。
 イレギュラーの目覚めでした。
 そしてそれは予定より早く人類に管理者の存在を気づかせてしまいます。人類は地上へと進出します。


■A.R.の世界観。(中期)

 A.R.中期には世界はさらに混乱を深めていきます。サイレント・ラインの開放とその場所より発掘された新資源により技術レベルは急速に発達。A.C.は従来のワンオフ機ではなくてより量産性を高めたN.A.C.へと移行します。レイヴンの価値も下がっていく中、レイヴンによるレイヴンのための反乱、NEXUS-Lougeが発生します。
 そして混沌を深める世界はネストですら予見できなかった事象を引き起こします。それは人類の無意識による大破壊。
 そこで初めて人類は大破壊の存在を知り、隠されていた歴史の断片を見ることになるのです。そこから人類史上初となる企業とレイヴンとの全面戦争、大叛乱へと続きます。
 その後は新企業による新たな政治同盟、トライアングル・クロスが形成され人類にひと時の平和が訪れます。しかしそれもわずか4年で終わりを告げます。
 火星からの来訪者による地球侵略。それはまたもネストが予期しえなかった早すぎる来訪でした。
 2年間に及ぶその戦争は後に星間戦争と呼ばれ、これを機にA.R.後期は創造の時代へと突入していきます。


■A.R.の世界観。(後期)

 A.R.の後期はトライアングル・エクリヴリウムの形成とレイヤード統合政府の発足から始まります。火星からの来訪者つまりμ-シェルによる技術提供は人類に長距離ジャンプ技術、プライマル・ジャンプを再開発させ木星圏に人類文化圏が存在することを発見しました。またコジマ粒子技術も地球へと持ち込まれ、後にA.F.やM.M.C.など戦略級兵器への開発へと繋がります。
 そこで起こったのがフルフレッド戦争です。μ-シェル侵略以前に地球側が目論んでいたクローズド・プランが瓦解。宇宙開拓の道を自ら切り開こうとするORCA旅団でしたが、レイヤード統合政府はこれを利用し旧時代の戦略級衛星軌道兵器を手中に収めます。そして火星衛星生活圏へ侵攻を開始。その殆どを植民地としてしまいます。
 一方で木星では大破壊が発生。その復興のためレイヤード統合政府は木星連に援助を開始しますがその混乱に乗じてμ-シェル子飼いであったはずのS.T.G.騎士団が宣戦布告を行います。その烈火の如くの侵攻はレイヤード統合政府をあっという間に解散させ火星生活圏を開放します。
 英雄となったS.T.G.騎士団でしたが、彼らは火星の地で信じられない行動に出るのです。彼らは火星の遺跡(※3)を使用し人工的に大破壊を発生させ火星衛星生活圏を放棄します。そして火星衛星の遺跡を虎の子としていたネストの怒りを買い、委員会(※4)との全面戦争に突入するのです。
 その5年にも続く戦乱の中、一つの意思が目を覚まします。世界の理を破壊するイレギュラーとなる人物。新生GUNSLINGの誕生は人類に何をもたらすのか。A.R.40、百年にも及ぶネストの意思は終焉を告げ、S.T.G.騎士団はスティンガーを失ったことにより戦争は終わります。それは平和なのか新たなる混乱なのか。レコーダーは事実しか記していません。
 今、真実が幕を開けます。


■その他。(火星編)

 A.A.の大破壊後、火星は地球と完全に孤立してしまいます。火星の人類も大破壊により著しく疲弊しますが、その技術は失っていませんでした。しかし地球と同じように記録は残っておらず、いったい大破壊が発生して何年の月日が過ぎ去ったのか誰も知りません。そしてその間に火星は復興しコジマ粒子を開発しました。
 コジマ粒子の驚異的な出力と汚染力はその存在だけで戦争を引き起こし、火星全土を死の惑星へと変える可能性がありました。それが大破壊の前兆だったことは誰にも知られていません。
 コジマ技術争奪戦争は結局の所、技術の流出を招いてしまいどの勢力もコジマ技術を応用したA.C.N.とリンクスを作り出します。目標を失い戦争はそのまま終息を向かえるかと思われましたが、一度走り出した戦火は止まらず火星は百年に続く戦乱へと発展していきます。
 しかし戦争の終結は突然やってきます。イレギュラーの発生です。
 リンクスの中にイレギュラーと呼ばれる存在が現れ、火星の企業を根こそぎ破壊していきます。そのイレギュラーの目的は一切不明で聞き出そうにも戦争終結の夜、自ら命を絶ってしまいます。ただ、「世界は美しい」という言葉を残して。
 戦争終結後火星は企業・技術連合μ-シェルを設立。コジマ粒子を応用したジャンプ技術を開発します。そして地球という惑星を発見するのです。


■その他。(木星編)

 木星はA.W.の木星開拓で各衛星に小さな街や研究所が完成しました。その後テラフォーミングを随時行う予定でしたが、大破壊により地球、火星から孤立。各衛星とも完全に孤立してしまいます。その後木星の人類はその命を細々と繋ぎながら生きていきます。
 劣悪な環境の中、何とか生き残っていた人類ですが、ネストは木星を遺跡の実験場所に選びます。木星圏を襲ったのは無形型プラスによる攻撃でした。そして遺跡の起動とともに木星の人間は遺跡に生かされます。
 結果的に遺跡の存在は木星圏の人類を繁栄に導いていきます。木星はその後A.R.の時代まで大破壊を向かえる事はありませんでした。しかし地球、火星生活圏との接触により木星は世界を知ります。
 そして地球、火星は世界の歴史を知る機会を得るのです。それはネストにとって好ましくない事態でした。実験場としての役割を終えたと判断したネストは木星に大破壊を発生させます。それは人類に世界の記録を知らせないための大破壊でもありました。被害は甚大(しかく過去の大破壊と比べると最小限)であり、世界の記録は失われてしまいます。
 その後レイヤード統合政府の援助を受けて木星の各惑星生活圏は木星連を結成。建て直しを図りますが、S.T.G.騎士団によるブルーリベリオンで援助は打ち切られてしまいます。
 自分たちの力だけで建て直しを図らなくてはならない木星連はS.T.G.騎士団、委員会の双方に資金提供を行います。悪魔の商人とまで噂されるようになりますが、新生GUNSRINGの設立によってネストの存在を知ります。その後はGUNSRINGの盟友として戦いに身を投じていきます。