※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

全く覚えてないけど,覚えてる限りのこの隊の歴史を語るよ


当初、この隊はABORNE小隊として活動していた。
しかし、その後この隊のことはとオワタ板に知られ、集中的に荒らしとしての攻撃を受けることとなる。
ただ、アクセスの関係をどうにかすればよかったが、肝心の管理人、つまりリーダーのTeiが勉強とかで忙しかったのか、全くと言っていいほど,来れなかった時期があった。
そんな中、この編集者の快に一通のメールが送られてきた。
それは、短い文章だったが、Teiから送られてきた、掲示板管理用パスワードを添えたメッセージであった。
それからは、このWiki等のパスも教えられ、また快は小説掲示板のパス等のメッセージを送った。
しかし、大半のメンバーはこの隊の詳細を知らなかった。そしてそれは悲劇と繋がってしまった。


ある日のことだ。メンバーはABORNEの掲示板にアクセスした時に、ショックを受けたであろう。
出てきたのは、オールデリートと書かれた、1つのスレッド。
そして、そこに書かれてたのは、著作権の問題上による、この掲示板の閉鎖の通知であった。
当時7人いたが、3人のメンバーが一瞬にして消え去ってしまった。
そのショックは大きかったが、残った人数はその消えたメンバーよりは多かった。
そして、それ以来大して荒らしも出てこなくなった。
現状的にはメンバーも7人近くとなり、かなりよくなっている。 4月8日 by 快


何だかんだの最近に関して―

Temは来ない。
つまり、このグループを立ち上げた人物が消えてる。
ブログは時折更新してるけど、こっちに来る気配0
ここの管理者の俺の意見からすると、よく分からない話だ。
ほんのちょっと見て書き込む位でいいのに。 一応は見てるよ。という反応を示すだけでいいのにさ・・・
悲しみじゃない別の想いが込み上げる。
苦しい。もどかしい。これ以上の苦しみには耐えられないような・・・
そんな気分が、押し寄せる。寝ても消えない 9月14日 by kai

リダが消えた。
どうすればいいのか分からない。
自分の責任なのは分かっているけど
何故かイラついた・・・ 11月7日 by kai

12月の31日という皆のテンションが最高に高まってるとき
一人の少年が動き出した。その名は[シァル]もとの名をTem。
彼と元リーダー魁はいろいろと話し合った結果、彼は再びこの場所へ舞い戻った。
それは流星の守護者というグループが最も求めていたものなのだと思う。
                     2010年 1月1日 魁。