コブクロ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コブクロ(こぶくろ)


コブクロ(こぶくろ)は、小渕健太郎と黒田俊介の2人から成るフォークデュオ。2001年3月22日にデビュー。レコード会社はワーナーミュージック・ジャパン。所属事務所はミノスケオフィスコブクロであるが、研音と業務提携している。


1 概要
2 その他
3 ダウンロード

概要

 1998年5月、サニックスのセールスマンの傍ら毎週土曜日に路上ライブをしていた小渕と、ストリート・ミュージシャンをしていた黒田が、堺市の堺東銀座通り商店街で出会い意気投合。同年9月、小渕が黒田に楽曲を提供する事になったが、黒田本人のギターがあまりにも下手だった為、小渕が隣でギターを弾き、コーラスをする事になる。これがきっかけで黒田から小渕に一緒に組もうと声をかける事になった。小渕はこれを「出来ちゃった結成」なのだと『笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」出演時に話している。この結成エピソードの曲が後の代表曲となる「桜」である(インディーズ盤『Root of my mind』・5thアルバム『NAMELESS WORLD』に収録)。なお、「桜」を路上で披露した際、観客から「誰の歌ですか?」と問われた小渕は、オリジナル曲というのが恥ずかしくてとっさに「ミスチルのインディーズの曲です。」と答えてしまった。(後に本人に謝罪済み)

ユニット名は、2人の名字、小渕(コブチ)と黒田(クロダ)から名づけた。後にそのネーミングのアイデアは吉本興業所属のお笑いコンビ、FUJIWARAから来ていることを明かしている(過去に心斎橋筋で演奏中にFUJIWARAの原西孝幸にからまれたこともあるらしい)。ちなみに小渕が黒田に初めて作った曲の歌詞カードに「コブチとクロダでコブクロでええか」と書いていたのがきっかけで、それが今もなお使われている。SPOON(スプーン)という候補もあった。フォークデュオだけど、ナイフ(ロック)みたいに鋭くなく、人の心を掬うという意味。

二人の身長差は25cmあり、黒田が大柄で小渕が小柄であると思われているが、前述の通り黒田が193cmと極めて身長が高いため、168cmの小渕が小柄に見えるだけである。

ストリート時代、神戸の三宮で路上ライブをしていると、その日はいつも以上に客が多かった。向かい側でストリート漫才をしているコンビの客を取ってしまったからである。そのストリート漫才をしていたコンビが当時アマチュアだったお笑いコンビのNON STYLEだったという逸話がある。

彼等のファンを「コブファミ」と呼ぶ。これはFM802のDJ・ヒロ寺平が命名した。また、コブクロはファンのことを「スタッフ」「チームコブクロ」ともいう。

所属するワーナー・ミュージック・ジャパンの代表取締役社長・吉田敬が芸能事務所研音の代表・野崎研一郎と親交を持っているため、研音所属の俳優・女優を起用したドラマの主題歌を手がける事が増えている。

ライブでのアンコールは、「ストリートのテーマ」の「朝まで僕らと一緒に歌ってくれませんか?言葉に羽が生えて飛んで行きます」を繰り返す。

また2人はトークがうまく、MCでは、たくさんの笑いをとる。(うけてるかをとても気にしている)


その他


エピソード

東京で初めて路上ライブをした際、人が全然集まらず「東京の人は冷たいな~。」と思っていたら、実は大雨で渋谷が冠水して大変なことになっていた。次のハチ公前での路上ライブでは人が100人以上集まり「俺らすごいやん!」と思っていたら、実は郷ひろみの路上ゲリラライブ (GOLDFINGER '99) だった(黒田は背が高く、野次馬の中で頭一つ飛び出ていたため、テレビで見て自分がすぐわかったらしい。これが初のワイドショーデビュー)。

コブクロがメディアに出るきっかけになったのは、京都で路上ライブをしているときに、森脇健児から「自分ら歌うまいなあ。ラジオで歌ってみいひんか?」と声をかけられ、KBS京都に出演したのがきっかけである。

兵庫県西宮市にある東海道本線(JR神戸線)さくら夙川駅では、2007年3月18日の開業時から列車接近時に流れるメロディに「桜」のサビ部分が使用されている。

NHK紅白歌合戦の出場には積極的であり、2005年の初選出以降ずっと出場を続けている。本人らも、インディーズ時代から「紅白歌合戦に出てお茶の間の皆さんに知られるような、ビッグな歌手になりたいと思っていますので、皆さん応援してください」のようなコメントをファンの前で語っている。

シングル

YELL〜エール〜/Bell(2001年3月22日)
轍-わだち- (2001年6月20日)
YOU/miss you (2001年11月21日)
風 (2002年2月14日)
願いの詩/太陽 (2002年7月10日)
雪の降らない街 (2002年11月13日)
宝島 (2003年4月9日)
blue blue (2003年8月27日)
DOOR (2004年5月12日)
永遠にともに/Million Films (2004年10月14日)
ここにしか咲かない花 (2005年5月11日)
桜 (2005年11月2日)
君という名の翼 (2006年7月26日)
蕾 (つぼみ) (2007年3月21日)
蒼く 優しく (2007年11月7日)
時の足音 (2008年10月29日)

ダウンロード

着うた(mmf)



詳しくは音楽ダウンロードを参照