エイリアンの肉


FD麗華鏡花ストーリーにおいて、麗華が海斗用に注文した憐桜学園の食堂に伝わる伝説のゲテモノ料理。
昔、憐桜学園に在籍していたゲテモノ料理を愛するお嬢様を満足させるために、現憐桜学園料理長が世界中を放浪して見つけてきた。
その正体はエジプトの砂漠を横断しているときに、突然空から隕石と共に降ってきた地球外生物の死骸の尻尾部分。現憐桜学園料理長が冷凍保存していた。
感触は牛肉に似ており、中身がざらついた感じ。匂いは特別不快なわけではなく、かと言って食欲を誘うようなモノではない。
それを食したゲテモノ好きだったお嬢さまは二度とゲテモノを食べなくなり、学園を卒業後、原因不明の病で他界。
海斗も生死の境を彷徨った。

海斗「もぐ……」
海斗「あ? 意外と普通……」
麗華「え、普通なの? ……まぁ、地球外生物を口に入れられる時点で凄いけど」
海斗「ああ。別に―――」
海斗「…………」
彩「か、固まっちゃいました……ね……」
料理長「南無」

名前:
コメント: