ガンダム・ソリティア 【Hate Song】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

型式番号 不明
所属 元地球政府軍(政府軍当局はその存在を否定)
建造
生産形態 ワンオフ
全長 21.9m
重量
装甲材質 本体・チタン合金セラミック複合材
オプション・劣化ウラン装甲チョバム材
武装 頭部75mm機関砲×2
   腕部大型クローアーム×2
   クローアーム内蔵式ビームガン×2
   クローアーム内蔵式ビームカタール×2
   胸部拡散メガ粒子砲×3
   対艦用大型ビームソード×2

設定 地球政府軍の手によって『無換装で全局面に対応しうる機体』をコンセプトに作成される。
   その為、ビームソードを除く武装は全て本体内蔵式が採用。
   ソリティアとは開発陣が勝手に付けたペットネームである。
   その意味は「こんなMSが完成すれば、戦場はまさにこのMSの独り遊び(ソリティア)と化すだろう」と皮肉を込めてのもの。
   事実、ソリティアを強奪した後のルカは機体性能を如何なく発揮。その戦いぶりは【悪魔の飽食】と謗られるほどであった。
   人間が発声しているとは思えない咆哮、その雄叫びをルカが戦闘の最中に度々繰り返す事から…
   いつしか、この機体は…Hate Song(恨みの歌、もしくは憎しみの歌)と呼ばれ、各陣営に死神と同義語として知られていく事になる…。

武装詳細…

対艦用大型ビームソード
エネルギー粒子を刀身状に形成する技術そのものは戦争初期から既に開発されていたものの、ソリティア設計(製図)時点においてはMSが使用可能なサイズまで小型化する技術が確立されていなかった。
『ビームソードの実現』以外の問題点(小型化・稼働時間の延長など)を度外視し、当時の技術力で作成した結果…巨大すぎるソードグリップ内に専用ジェネレータ及びプロペラントタンクを内蔵した規格外の代物が完成してしまった。
当然、MSのマニュピレ-ターでは持つ事ができない・使用できたところで動作が大振りになりMSにまともに命中させられない欠陥品であった。
その為、実装にあたってはソリティア本体に保持用のクローアームが増設され、これにより両腕が塞がるものの強引に使用可能となった。
当初は宇宙戦艦などに決定打を与える事を想定して装備していたが…ルカ本人は対MS戦においても使用したそうである。
大地ごと、敵部隊を薙ぎ払うとゆう形で…。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。