※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【連載】小説白樺記(全12回) (エスクァイア日本版)(UPU
号数 発行日 単行本
1988年6月号 1988.06.01 (第一回)麗しき同志 (第一章)鉄塔男 P191
恋愛とは人道的犯罪なのか。理想の共同体をめざして開拓をすすめる日向の<新しき村>に、美しい逃亡者が…。 (第二章)未来農園
(第三章)晶子弁明
1988年7月号 1988.07.01 (第二回)親しみて、狎れず (第一章)共同浴場 P185
武者小路をはさんで、火花を散らす晶子と房子。そして理想の共同体をめざす新しい村に離村者が…。 (第二章)悪徳日乗
(第三章)労働ト工夫
1988年8月号 1988.08.01 (第三回)磯屋の嵐が夢もむすばず。 (第一章)ラケットをもつ文学者 P205
実篤の親友、志賀直哉が新しき村を訪れた。ピンポンに興じる直哉が突如としてみせた意外なグリップとは…。 (第二章)人道的犯罪とは何ぞ?
(第三章)狂気と正義
1988年9月号 1988.09.01 (第四回)世に隠れて宝を造る (第一章)でろりの説 P195
実篤は妻房子と晶子の2人を同時に愛し、永久幸福の関係を築こうと企む。だが、房子に奇怪な行動が…。 (第二章)寒山拾得
(第三章)切断された指
1988年10月号 1988.10.01 (第五回)宿るは御霊か生命か (第一章)震える案山子 P223
永久幸福達成のため、離魂病に賭けようとする実篤。オカルティスト柳宗悦の催眠術で、実篤の第二人格が出現した。 (第二章)奇数を愛する人
(第三章)心霊実験
1988年11月号 1988.11.01 (第六回)互いに裁くこと勿れ (第一章)房子詰問す P189
奇行の目立ちはじめた妻、房子がついに空を翔んだ。実篤から助言を求められた有島武郎は…。 (第二章)八角塔の下で
(第三章)対抗犯罪者の誕生
1988年12月号 1988.12.01 (第七回)平穏なる私生活 (第一章)昼の生活 P197
実篤の二重生活が始まった。粗野な第二人格は房子、そして第一人格は晶子と。 (第二章)夜の生活
(第三章)第二の夜の生活
1989年1月号 1989.01.01 (第八回)死して比翼、化しては変生男子 (第一章)幼児の戯れ P177
実篤に対抗する有島武郎は、ついに波多野秋子をパートナーに、永久幸福達成のための完全犯罪を実行した。 (第二章)経緯
(第三章)秋子から晶子へ
1989年2月号 1989.02.01 (第九回)みごもれる嬬(つま)に (第一章)荒れ模様 P177
晶子が懐妊した。実篤はついに“重婚”を成立させる方法を考案したが…。 (第二章)喜びの使ひ
(第三章)AとB(房子の歌)
1989年3月号 1989.03.01 (第十回)白鳥卵を奪ふ者 (第一章)破壊された街 P169
ついに重婚が成立。実篤の永久幸福達成は目前に迫った。だが、白樺派の詩人、千家元麿はそれを阻止しようと決意した。 (第二章)夕刊売り
(第三章)愛の位階
1989年4月号 1989.04.01 (第十一回)愛するから住み度くなる実感から生じた卜居 (第一章)卵盗みのファルス P223
実篤の永久幸福達成を阻むことを決意した千家元麿は、実篤留守中の日向を訪れ、房子に“姦通”をそそのかした。 (第二章)車中の二人
(第三章){弓享}の支援
1989年5月号 1989.05.01 (第十二回)蘇える悪徳 (第一章)前人未踏の快挙 P219
実篤と、その永久幸福を阻まんとする千家元麿の対決。物語は遂に大団円を迎える。 (第二章)瀕死の<悪徳>
(第三章)新しき関係
(第四章)犯罪の結末