※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雑誌

最終更新日:2014.08.19
映画秘宝洋泉社
季刊映画宝庫芳賀書店
エキセントリック全英出版/中央法科研究所
EXECUTIVEダイヤモンド社
週刊エコノミスト毎日新聞社
SFアドベンチャー徳間書店
SFJapan徳間書店
SFファンタジア学習研究社
SFマガジン早川書房
号数 発行日 単行本
1969年7月号(NO.122) 1969.07 『翼を持つ男』エドモンド・ハミルトン(著)、荒俣宏(訳)
1969年10月増刊号(NO.126) 1969.10 『ドラゴン・ムーン』ヘンリー・カットナー(著)、荒俣宏(訳)
1970年3月号(NO.131) 1970.03 『天国へ還る』シオドア・スタージョン(著)、荒俣宏(訳)
1970年4月号(NO.132) 1970.04 『ポーカー・フェイス』シオドア・スタージョン(著)、荒俣宏(訳)
1970年5月号(NO.133) 1970.05 『果てへの旅路』フリッツ・ライバー(著)、団精二(訳)
『消えていく』A・E・コッパード(著)、荒俣宏(訳)
1970年8月号(NO.136) 1970.08 『中間宇宙』アラン・E・ナース(著)、団精二(訳)
1970年11月号(NO.139) 1970.11 『似たもの同士』アラン・E・ナース(著)、団精二(訳)
1970年11月号増刊号(NO.140) 1970.11 『英雄コナン ''巨象の塔』ロバート・E・ハワード(著)、団精二(訳)
1970年12月号(NO.141) 1970.12 SFスキャナー 『おそるべき本体論(オントロジー)の小説』団精二
1971年3月号(NO.144) 1971.03 SFスキャナー 『SF雑誌の動向』団精二
1971年6月号(NO.147) 1971.06 SFスキャナー 『若者たちはその日……』団精二
1971年9月号(NO.150) 1971.09 SFスキャナー 『裏切りのドグマ』団精二
1971年10月臨時増刊号(NO.152) 1971.10 『ダゴンの末裔』ヘンリー・カットナー(著)、団精二(訳)
1971年12月号(NO.154) 1971.12 『道』シーベリイ・クイン(著)、団精二(訳)
SFスキャナー 『活字で組んだ墓碑銘』団精二
1972年4月号(NO.158) 1972.04 SFスキャナー ''『つくりだされた<偶然>! どうにでもなる人<宿命>!』''団精二
1972年7月号(NO.161) 1972.07 SFスキャナー 『女に憑かれた道』団精二
1972年9月臨時増刊号(NO.164) 1972.09 【第三特集】クトゥルー神話大系 団精二(特別解説)
『闇に這う者』H・P・ラヴクラフト(著)、団精二(訳)
1972年11月号(NO.166) 1972.11 SFスキャナー 『なぜ顕微鏡では月が見えないか?』団精二
1973年3月号(NO.170) 1973.03 SFスキャナー 『ジョン・バースの千夜一夜』団精二
1973年7月号(NO.174) 1973.07 SFスキャナー 『エロスはすべて子供たちのもの』団精二
1973年10月臨時増刊号(NO.178) 1973.10 『火星からの使者』スタントン・A・コブレンツ(著)、団精二(訳)
1973年12月号(NO.180) 1973.12 SFスキャナー 『冒険世界のアナクロニズム』団精二
1974年4月号(NO.184) 1974.04 SFスキャナー 『ポートノイは不満する』団精二
1974年6月号(NO.186) 1974.06 『山』マイクル・ムアコック(著)、団精二(訳)
1974年9月号(NO.189) 1974.09 SFスキャナー 『セピア色のマジシャン』団精二
1974年12月号(NO.193) 1974.12 SFスキャナー 『奇想天外な当たりまえSF『サー』』団精二
1975年4月号(NO.197) 1975.04 SFスキャナー 『並ぶものなき英雄たち』団精二
1975年5月号(NO.198) 1975.05 SFスキャナー 『アナイス・ニンなんて嘘みたい』団精二
1977年1月号(NO.218) 1977.01 『永遠(とわ)なる現在』トーマス・M・ディッシュ(著)、荒俣宏(訳)
1981年8月号-1982年1月号 【連載】Fairy Anatomy
Esquire(エスクァイア日本版)UPU
SD鹿島出版会
NHKセミナー日本放送出版協会
季刊NW-SFNW-SF社
FGひろば富士フイルム
月刊絵本すばる書房
エルダー高齢・障害者雇用支援機構
ENGINE(エンジン)新潮社

雑誌