※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

放送者紹介4 05月04日(金)放送分


第40部 05月04日(金)01:00~03:00 DJ:◆uIsP61TOds

おっさんのターンということである意味盛り上がる。逆にゆとり世代には厳しい構成。
懐かしいなコレと思わせるものが多く、わかる人には和める時間。懐かしいロボ系が多かったためスレはロボ談義で賑わった。ずっとおっさんのターン、と思いきや微妙に新しい曲を絶妙なタイミングで配信したため「そろそろ寝よう・・」と考えるリスナーに迷いを与え結局41部まで引っ張ってしまった。
スレの進行自体はゆっくりではあったが燃えるところ、懐かしむところありという完璧な選曲でリスナーを飽きさせなかった。


第41部 05月04日(金)03:00~05:00 DJ:◆FAQJTGEprk

去年の12部をつとめたDJ、数曲かけてはMCという流れで進める。
去年はカオスだったためリスナーによって評価は賛否両論とのことだったが今年は真面目にやると宣言。
2スレはゆうに消費するヤンマーニを流し自身も歌ったが、深夜ということも手伝ってレスが100程度しか伸びなかった離れ業をやってのけた。
うたわれるものを3曲続けて、後になってそれは失敗だったと気付くなどドジっ娘ぶりは健在のようである。
つなぎとして「うたわれるもの」1人芝居をしたがそのあまりのキモカワイさに「自重しろ」「きめぇ」とリスナーから黄色い声援?を浴びた。
もっとも眠くなる時間にそのセンスでリスナーの意識を呼び起こした功労者である。それにしてもノリノリで早朝4時に歌うとは大したものであった。
実に三曲に渡ってその裏声&口笛を披露しリスナーからの苦情(声援)を逆に燃料にして歌いきった彼こそ勇者と言えるだろう。
「狂乱の20部」「悪夢の35部」「自業自得の37部」とあわせて「チリチリの41部」として2007年度アニソン三昧の死天王の有力候補にあがっている。
ちなみに漢字と英語に弱く自重を「じじゅう」と読んだりした。
最後に死亡フラグを連想させる台詞を残し放送を終えた。


第42部 05月04日(金)05:00~07:00 DJ:◆VVOWcyZ/O6

カオス系のDJの後は、正統派DJが来るという流れはもはやジンクスのようだ。
出だしは爽やか系の曲を流し 41部での死闘で疲れ果てたリスナーの心身を癒し、眠りに誘うかに見えた。
しかし途中で急にMAD&電波系の曲を流し、夢の世界からリスナーを強制連行し現実に引き戻した。
その後はカッコイイ英語曲の連発から90年代のアニソンへと繋ぎ、最後は昨年のデーモンのラストを彷彿とさせる流れに。
まさに「アメとムチの42部」


第43部 05月04日(金)07:00~09:00 DJ:◆ZGx52Iu6xg

90年代の曲を多く・・と事前に本人が語っていた通り90年代のメジャーな曲を多くかけた43部。
徹夜をする夜組みと起きてくる朝組みの交代時間?ということもあってか電波曲などはあまり流さず安定した曲選定であった。
次に繋げるためにハピマテをラストに持ってくるなどの配慮も忘れない。


第44部 05月04日(金)09:00~11:00 DJ:◆xxkxxkkxkk

好調な滑り出しを見せるも某局にアニキこと水木一郎氏が登場したことにより一気に過疎化。後に「不運の44部」と呼ばれる。
「席外す」発言を聞いた後に神曲のリクを取るなどドSっぷりを披露した。
数曲燃え曲を流した後に突如変貌。七色の電波を操りリスナーのハートをがっつりキャッチ。
JAM連発でラストスパートを掛けると思いきやMADでスレを振り回すドSっぷりを再び披露


第45部 05月04日(金)11:00~13:00 DJ:◆7kTdl.CDMY

「MADなしの真剣勝負」(うろおぼえ)という宣言通り、最近の爽やかな選曲をメインに 44部で疲れたリスナーを癒した。
専用スレ無しのまま終了になりかけていたが、ロリコン◆VPkdFNhOGYによって阻止された。
ロリコンが人の役に立った初めての事例である。


第46部 05月04日(金)13:00~15:00 DJ:◆sFzVfinvxo

出だしから目が覚めるすっきり系の曲をかけ食後のリスナーに至福の一時を与えその選曲センスは素晴らしいものがあった。
またスレの空気を読むことに長け、スレが停滞していると感じるや否や曲の途中でテンションが上がる曲に切り替えるなど離れ業をやってのけた。
女性声優中心というセンスで、カオスDJ3人衆(20部・ブルジョア太郎・ロリコン)の集結で混沌としかけたスレを安定へと導いたその力はリスナーが全員認めるところであった。
ただ一つの気がかりはスレに毒されたか暗黒面に落ちたとされる発言があったことである。
カオスすらも飲み込み己の糧とした46部こそ「覇王の46部」と呼ばれるにふさわしい、が実は暗黒面に飲み込まれていたというのは内緒である。


第47部 05月04日(金)15:00~17:00 DJ:◆4Y4JznC.zs

JAMでテンションを上げさせた後は(ゆとりターン宣言&序盤からJAMで約1名のトラウマを抉る)、まさにおやつのターン!といったところ。
まったりした曲が並んだりして、リスナー疲れを癒やすが、春の陽気ということと眠たくなる名曲の放送もあり、睡眠者が続出する。
しかし、時にリスナーの心を見透かしたかのようなレスを付けたり、原作の名場面から取り込んだ突拍子のない演出で昏睡状態にあったリスナーを救出する、その力量で途中からスレを完全に支配したように思えたが、実況スレに出没しては主自ら反応を求めてしまう。
シモネタに走ったセガールによってラストが乱された主は静かな怒りを見せ、謝罪と賠償の証として20刷のアイテムを要求したという。
セガール(16歳童貞 エロ同人2000冊所持)に乗っ取られた「悲運の47部」である。
(その後ラジオ中にダウン完了音を鳴らす)これを機に「セガールを制するものはスレを制する」の格言が生まれたという説がある。


第48部 05月04日(金)17:00~19:00 DJ:◆m2rEvYNQbQ

英語曲とタイアップを中心に展開。38歳とは思えぬ若い声とハイセンスな曲の選択が光る。特色のある選曲が心を掴む。&br47部でセガールによって乱された平穏を取り戻すべく奮戦する。尚、実況スレは去勢の話題で盛り上がった。
英語に弱かったりする。
放送中に酒を飲み、住人に「酔っ払いの48部」「アル中の48部」「酔いどれ48部」と口々に文句を言われていた。
そして2連続で1000とって乗ったセガールと、37部の主ロリコンに再びスレを乗っ取られかけた。
川本真琴を流した際に大量に張られるニート剣心を見て「俺も働きたくない」とつぶやき私生活の苦労が偲ばれる一面もあった、後の「酔拳の48部」である。
絶妙なタイミングでスレの内容を読み上げリスナー一同感服したがセガールにさらなる燃料を与えてしまったことは49部への引継ぎで心配な点であった。


第49部 05月04日(金)19:00~21:00 DJ:◆AJ3p0fRGpE

NHK時報~午後七時のニュースのフェイントでリスナーの好感触を得て始まった49部であった。
ドラえもん系が多く好印象を与えている。
途中「ゲーセンの両替で1万円入れて9千円取り忘れた」と言う発言に、「泣ける曲、あります。」と気配りをしてあげている。
序盤から劇中音源を織り交ぜた劇場版ドラえもん主題歌を連続でかけ、多くのリスナーが涙し、特に「少年期」は住民が涙を流しまくった。
しかし突如差し込まれた湾岸戦争突入のニュース後に流されたMADメドレーはリスナーの度肝を抜きつつも絶賛された。
後半MCをやろうと企むも、隣に親父が座っていることに気づき断念。20代前後には最高のDJであるだろう。


第50部 05月04日(金)21:00~23:00 DJ:◆JkW.zgdMQ2

同時間にルパン三世が入るためどうなるか不安な50部である。
やはり不安は的中し、開始から音割れが激しく、数分後に落ちるというカオスな状況になった。
ルパンと向かい合った50部であったが不運にもキリバンゲッターが「1000取れたらルパン実況」と冗談でレスしたところ取ってしまい真に受けた?一部のものが実況を始めた。
しかし、その後はペースを取り戻し順調に進んでいる。
選曲もI’ve系を中心に堅実に良曲を選んでいるのでレス等も落ち着いている。
後に言う「堅実の50部」である。ただし、ノイズ、音割れが酷く「音割れの50部」でもある。
後半主がラストスパートをかけ、「真っ赤な誓い」「SKILL」を流し、レスを加速させ二度ほど容量オーバーを引き起こした事に加え、キリ番ゲッターが大量に参入して迷惑がっている住民が多数いた。
最終曲次第では三度目の容量オーバーが来ると思われたが、静かな曲で締め盛況のうちに50部は幕を閉じた。


第51部 05月04日(金)23:00~25:00 DJ:◆FL/PGfoMYA

サザエさんからの意表をつくスタートでリスナーを困惑させたがその後年代は幅広いものの萌えを排除した燃え中心の構成でリスナーの気持ちを掴みスレを加速させる。
懐かしい曲を中心に選曲する割にはDJは22歳ということが判明。
減速します、といいいながら減速する気配などまったく見せず突っ走る暴走機関車。彼の辞書にブレーキという言葉は無いらしい。
スレ内の穏やかな語り口とは裏腹にSっ気満点である。どこか見たパターンの自ら加速させて「お前ら落ち着け」と言う傍若無人振りを発揮。
0時に去年同様、岡崎さんが流されると思われていたが流さなかったために実況スレが若干荒れるという事件がおきた。だが彼には責任がない。彼もまた岡崎さんを知らないゆとりなのである。
35部DJブルジョア太郎の暗黒の波動に精神汚染されている兆候が見受けられリスナーを心配(wktk)させている。
ちなみに放送中の彼の夜食はケーキであった。
また、実況スレでは自ら燃えている発言が見受けられた。
アニキメドレーを流し、住人たちの心を取り戻すが・・通常の三倍のスピードでスレが進んだり、某テーマ曲をかけたことからサングラスの人間との関連も示唆されているが詳細は不明である。
また「飛べない鳥はどうすればいいのか?」の質問に即座に「羽をもぎましょう」と即答するあたり魔性のDJの一面性も垣間見られた。
後半俺SUGEEEEEEEな発言が目立ったことから「自画自賛の51部」と呼んでいい。
しかしながら、散々加速ソングを流したにも拘らず一度も実況スレの容量オーバーを引き起こさなかったペース配分が計算づくの事であったとするならば末恐ろしい男と認めざるを得ない。