※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

放送者紹介5 05月05日(土)放送分


第52部 05月05日(土)01:00~03:00 DJ:◆SsWWi8OyLg

ジャズ風音楽など大人の時間と呼べる流れに。
事前にこの日命日を迎えた岡崎律子さんの追悼特集を組むと告知してあった為、岡崎さんのファンを中心に多くの期待を背負ってスタートした。
あまりにも「大人」な雰囲気の為に早々に「KOOLな52部」「バーボンマスター」と呼ばれるようになった。左手にカクテルグラスを右手にマウスを持つ人が続出。
途中のMCでDJの呼びかけによりリスナー全員で岡崎さんに黙祷を捧げた瞬間(1:38~39)は今年のアニソン三昧で最も感動的なシーンであったと言える。
その後岡崎さんの楽曲が流れると実況スレの住人多くが涙を流しさらにはDJまで泣いてしまうという一幕も。それを慰めつつも自身も泣いてしまっているリスナーが大量に現れた。それ以降も感動したリスナーが一体となった。
いつもならばAAが飛び交う実況スレで、感化された住人達の語らいは人の心の奥にある綺麗な部分が垣間見えた。
その原動力となった岡崎律子さんの天使の歌声と52部DJに惜し気の無い感謝の言葉が浴びせられた。
DJ、リスナーの一体感という意味合いにおいて52部は間違いなくナンバーワンと言える。
放送を聴いて感動した437さんによる自作イラストも投下された。(このページ下の添付ファイル)今年のアニソン三昧ベストDJ候補。


第53部 05月05日(土)03:00~05:00 DJ:◆nNfoT3GIGI

激動の51部、感動の52部を継いでの登場。
1曲目にシティハンターを選曲、適度にUPテンポの曲という事でリスナーの気持ちを見事に切り替える。
その後流したそばかすで祭好きの阿部高和により大量のニート剣心のAA がスレを占拠いつもどおりの活気を取り戻す。
X→0083→V と連続でガンダム系を流し瞬く間にAAでスレを埋めつくした彼こそ「AAの53部」といえよう。
高加速の曲を連続で流したためAM4:00という時間帯にもかかわらず AAお約束の容量超過を実に5連続で起こし、勢いは10万を突破し「鯖の天敵にしてAAの神」「鯖テロリスト」という称号を得たという。
「AAとか自重しろよおまえら」と何所か(35部)で見たセリフを言い放っておきながら自らもどさくさにまぎれてAA爆撃しているあたり確信犯的行動と思われる。
やはり51部同様暗黒DJの波動にあてられたのか、それとも元からそうであったのか不明である。
この加速の最中に熱気に当てられ暴走した安部さんがリスト作成スレに誤爆投下された悲劇を忘れてはいけない。


第54部 05月05日(土)05:00~07:00 DJ:◆wcRMusufe2

53部終盤でヤムチャAAが乱れ飛ぶなか突如「もうやめて! ヤムチャのライフはとっくに0よ!」とコメントし住人の笑いを誘った。
ARIAニ連発という形でスタートしたが、その後はノリのいい曲を流している。
終盤にksk祭りが起きる。
また、ブルジョア太郎から「包茎DJ」という不名誉な名前を命名されるが、全体として盛り上がった部であった。


第55部 05月05日(土)07:00~09:00 DJ:◆wTFu2381ZU

後に言う「熱くキモいノリの55部」である。MCが究極にやばい。
この時間帯とそのキモさ(その絶妙なトークの間)が相まって住民をドン引きさせたことは言うまでも無く史上最低のDJとして名を残す。
「クリ☆リス」発言にはリスナー全員が引いた。
しゃべり方がうざくて、きもいと言われて、逆に喜んでいた。間違いなく変態(あるいは変質者)である。
選曲そのものには定評があるものの初っ端に住民の心を掴むとしようとした行動が裏目に出てしまった伝説は拭うことが出来ない。
恐らく夜辺りに放送を行っていれば相当盛り上がったことであろうが、気色悪さは否めないのが残念だ。
それにしてもこの主、本当に萌えないドジっ子。
「☆ニスの王子様」を放送し、「おまいら雌豚が恋しいんだろ」と18禁発言を惜しげもなく繰り返し熱唱するが、隣の家より苦情が来たため歌は自重となる。
それにしてもこの主、わざとではないが発言のすべてが伝説となってしまうからすごい。気持ちが悪いが・・・。
北海道在住。ニート説を否定。(死)


第56部 05月05日(土)09:00~11:00 DJ:◆qGeltyTU46

徹夜組が脱落し人が少なくなった時間を狙ってか、自分を突き通す渋い選曲を最初から最後まで突き通した。
「ずっと俺たち30代のターン!」とオサーンリスナーが狂喜する。
スパロボ好きにとっても「俺のターン!」だったらしい。
その徹底したロボット物ソングの選曲には驚きである。


第57部 05月05日(土)11:00~13:00 DJ:◆k109xHCicw

ギャルゲ二連発からはじまったが、その後は新旧取り混ぜた落ち着いた選曲でリスナーをマターリさせる。
起きだしたリスナーが増えてきたタイミングでヤンマーニで一気に加速し、その後セガールのテンプレ化、オセロ、とスレは活気をつけた。
私見ではあるが、「虹の都」が懐かしかった。


第58部 05月05日(土)13:00~15:00 DJ:◆lv.o3z9kM6

初っ端に苺ましまろとおじゃ魔女を流したため「高速の58部」と住人に呼ばれた。
死天王の一人37部の暗黒面の影響をうけているのか現段階ではわからないが、55部の惨劇だけは来て欲しくないというのは日本国民全ての願いである。
その後は堅実な曲を選曲を行ったが熱い曲を流した反動でセガール(47部、48部参照)と53部での暴走で熱気がさめぬ安部さんにスレを汚染されかけたのは2007年度のアニソン三昧の悲劇の一つとしてリスナーに記憶される。
常にスレを進行具合を確認し、スレに倦怠感が漂っているのを確認すると「残酷なニートのテーゼ」を選曲、今の生活を続けると末は安部に掘られかねないとリスナーに警告した、思いやりの持ち主でもある
高速で曲を流すverが多く「高速と拘束の58部」と呼ばれることになる。
63部で自らが童貞であることをを告白した。ついでに彼女いない暦=年齢らしい。


第59部 05月05日(土)15:00~17:00 DJ:たらこ ◆f5TKZ74F9k

初 の 女 性 D J の 5 9 部 で あ る 。
マイクの声が聞こえたとたんスレでおんにゃのこコールが沸き起こった。
初の女性DJという事で58部でハッテン場と化し、汚れたリスナーを浄化できるか?と期待された。(中心は90年代、ロボ特撮物とのことだが・)
それにしても『アクエリを流すと公言しながらAA自重とはまるで「どこかのDJ(ry」』である。
なお58部での熱気がおさまらぬ阿部さんがイケメンと勘違いする。
ラブコールを行ったがリスナーから足蹴にされるハプニングもあった。
熱い曲で攻めた後、90年代の懐かしい曲を流しリスナーの気持ちを掴んだが中盤突如MADを投入、昨今の版権問題に対して正面から取り組む姿勢を披露しリスナーを心酔させる。
またこの部の放送中はAAで加速する曲が多かったにもかかわらず容量オーバーが一度も発生しなかった事を忘れてはならない。
後の「鯖の女神の59部」である。腐女子ではないと運営スレに現れて訴えるも、残念ながら、腐女子である。
自覚症状がないぶん危険な腐女子であると言えよう。
しかし、それを嘆くことはない。腐女子と付き合いたいという者も意外に多く、腐女子であることを誇りに思うといい。


第60部 05月05日(土)17:00~中止 DJ:◆God/FiIxMM

やっとの思いでDJ枠を確保したのにもかかわらず、出だしでいきなり事故を起こしてしまう。
リスナーが本鯖に殺到したのが原因らしく、放送事故は40分にも及んだ。その間、鏡で各々曲を流しカオス状態。
来年出直すことを誓って、静かに立ち去った。ただ、リスナーにとっては良い休憩時間となった。
「まぁ、最初から休憩時間作ろうと思ってたんですけどね」(本人談)


第60.5部 05月05日(土)17:40~19:00 DJ:

60部の放送事故の代打として登場した。エロゲ曲を中心として展開。
急遽放送となった割にはなかなか充実した内容だった。
MCが聞き取りにくかったのが難点。
最後に自分で製作中のエロゲの宣伝をしてしまい、自重しろwwという声が飛ぶが、wktkでもある。
来年再度DJに挑戦しその際に自作エロゲの宣伝を行わんと画策中。
エロゲ脳とは思えない、異様に爽やかな声であった。
「エロ爽やかの60.5部」と呼ばれる。


第61部 05月05日(土)19:00~21:00 DJ:◆5ct/yT2iFU

爽やかなボイスであった60.5部とは対照的にダンディーなボイスの持ち主。通称ゲンドウ。
挨拶を聞いた瞬間リスナーと安部さんからの絶賛を受ける。
昨年の祭りのリストを全て一人で直すなど、まさに裏方稼業の人。
アニメ本編と曲を組み合わせた演出を好むようであり、その完成度は非常に高レベル。
構成力とネタ使用のセンスをもちあわせた実力者である。
前半は盛り上げ系、MAD、電波曲を入れつつテンポ良く進行していく。
アナゴ→若本ボイス「本家本元はこれだ」→本家若本という流れは、この祭りでのアナゴネタの中でも特に秀逸。
後半は昨年亡くなった声優の鈴置氏、曽我部氏、また近年亡くなった塩沢氏を追悼するコーナーを設ける。
さらにドラえもん最終回からつながる友情を謳った曲の流れによって、ガチで泣くリスナーを続出させた。
そして岡崎さんと堀江由衣のForフルーツバスケットデュエットによりスレは感動の嵐に。
エンドトークでは、残り一日となった祭りを盛り上げていく意気込みをみせた。


第62部 05月05日(土)21:00~23:00 DJ:◆NokJP0Uoxw

(一部の住人の)国歌斉唱でスタートした、62部。事前に紹介していた通り GAMEMUSICからの選曲が多かった。
声が入っていないものが多いにもかかわらず有名曲が多く、スレは賑わいを見せた。
その選曲センスには goodjobせざるを得ない


第63部 05月05日(土)23:00~25:00 DJ:◆bcvYaav4Wg

開始と同時に「設定をミスっていた」と脱力系のAAを貼りリスナーの注目を集めたお茶目なDJ。
麻呂AAを多用し度々スレに出てきては「kskが足りん」とリスナーを煽り自らもキモカワイイ系のAAで祭を盛り上げようとしたり「ライアーゲーム(同時間帯に放送されていたテレビ番組)忘れてた見てくる 。」と職務放棄宣言したりと混沌の香りがした。
スレッドは加速で容量オーバーを乱発した。63部に限ったことではないが、中盤以降のDJに意図的にスレを加速に煽動するような選曲を集中させる傾向が見られるが、昨年はこれが原因で大型のAAが乱舞しサーバー過負荷によるダウンなど多大な混乱を招いたので、この後に出番を控えるDJは自重してもらいたい。
薔薇好きなのか関係する曲を多く流したが「翠麻呂」「雛麻呂」といったようにDJ自身がAAと化してしまったのは他に類を見ず、そのキモカワイさは筆舌に尽くしがたい。
ドジっ娘であるがゆえ時々操作ミスをおかしたがその度に「麻呂は悪くないでおじゃる PCが悪いのでおじゃる 」と言い逃れを行い、麻呂流を貫き通した彼こそ現代に生きる平安貴族といえよう。