※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

童貞の心得
1:皮をムキムキする前に射精は×
2:漢字
 曙光=しょこう
 納屋=なや
 清清しい=すがすがしい
 嬲る=なぶる
 ∇=なぶら (=^∇^=)v
 何着=なんちゃく
 呟き=つぶやき
 豊饒=ほうじょう
 詰襟=つめえり
 磐石=ばんじゃく
 峡谷=きょうこく
 輝晶=あきらあきら きしょう
 豪華絢爛=ごうかけんらん
 御世=みよ
 閑散=かんさん
 遠出=とおで
 一期一会=いちごいちえ
 深炒り=ふかいり
 老舗=しにせ
 生来=しょうらい せいらい
 取り柄=とりえ
 百人一首=ひゃくにんいっしゅ
 破綻:はたん
 陰陽師=おんみょうじ
 相克=そうこく
 廃屋=はいおく
 相克(そうこく)
 雲母=うんも(ケイ酸塩鉱物)
 嵌る=はまる
 阻む=はばむ
 納戸=なんど
 鈍く=にぶく
 焦点=しょうてん
 寒色=かんしょく
 小笠原=おがさわら
 万力=まんりき
 侵された=ひたされた
 囁き=ささやき
 水飛沫=みずしぶき
 磁石=じしゃく
 銛=もり
 丘陵=きゅうりょう
 咳き込む=せきこむ
 真鍮=しんちゅう
 掌=てのひら
 頻りに=しきりに
 臀部=でんぶ
 払拭=ふっしょく
 稚拙=稚拙
 緑青=ろくしょう(錆びのこと)
 物憂げ=ものうげ
 苦悶=くもん 
 怪訝=けげん
 想像に難くない=そうぞうにかたくない
 股間=こかん
 啓蒙=けいもう
 咄嗟=とっさ
 翳り=かげり
 大仰=おおぎょう
 大葉=シソ
 浪花=なにわ
 汎用=はんよう
 白菜=はくさい
 辛辣=しんらつ
 頻り=しきり
 気色ばむ=けしきばむ 
 羞恥心=しゅうちしん
 鋸=のこ
 嗚咽=おえつ
 灯篭=とうろう
 皇居=こうきょ
 死屍累々=ししるいるい
 眼下=がんか
 血塗れ=ちまみれ
 毅然=きぜん
 屏風=びょうぶ
 退役=たいえき
 諭す=さとす
 巾着袋=きんちゃくぶくろ
 素足=すあし
 裸足=はだし
 樺太=からふと
 訝しげ=いぶかしげ
 一瞥=いちべつ
 川面=かわも
 旨=むね
 所作=しょさ
 TakeOff=降りる
 諺=ことわざ
 粋に行く=すいにいく
 会釈=えしゃく
 反芻=はんすう
 青=あお(きいろではない)
 渾然一体=こんぜんいったい
 挽肉=ひきにく
 相応しい=ふさわしい
 傑作=けっさく
 乳白色=にゅうはくしょく
 鱧=はも
 頁=ぺーじ
 意匠=いしょう
 輝玉=きぎょく
 新雪=しんせつ
 左遷=させん
 籐=とう バスケットの素材
 寂寥感=せきりょうかん
 隣席=りんせき
 湛えた=たたえた
 鼻腔=びこう
 菜箸=さいばし
 敵わない=かなわない
 目を遣ると=めをやると
 語彙=ごい
 侍す=じす
 ex=example(例えば)
 万力=まんりき ※2度目の登録
 緩慢=かんまん
 欄干=らんかん
 適える=かなえる
 俯く=うつむく
 静謐=せいひつ
 頭を垂れる=こうべをたれる
 痺れきって=しびれきって
 案山子=かかし
 最速=さっそく
 闖入=ちんにゅう
 一朝一夕=いっちょういっせき
 真摯=しんし
 慇懃無礼=いんぎんぶれい
 爽やか=さわやか
 最速=さいそく
 罵られる=ののしられる
 川原=かわら
 踵=かかと
 瀟洒=しょうしゃ
 伴侶「はんりょ 配偶者のこと パートナー」
 嘲笑=ちょうしょう
 踏破=とうは
 呆気ない=あっけない
 衆目=しゅうもく
 脆弱=ぜいじゃく
 一瞥=いちべつ
 涙を零す=なみだをこぼす
 緩慢=かんまん
 湛えた=たたえた
 逡巡=しゅんじゅん(とまどう的な意味)
 潤む=スイーツ(笑) うるむ
 下世話=げせわ
 倣って=ならって
 飄々=ひょうひょう
 磔られる=はりつけられる
 磔刑=たっけい
 肩甲骨=けんこうこつ
  敢然=かんぜん
  乖離=かいり
 生天目=なばため(フィーナの声優)
 纏った=まとった
 簾=すだれ
 脛=すね
 太腿=ふともも
 生地=きじ
 矯正=きょうせい
 控除=こうじょ
 警鐘=けいしょう
 勧め=すすめ
 煽動=せんどう
 猛者=もさ
 亡者=もうじゃ
 外面=そとづら
 訛る=なまる
 真摯=しんし
 碑文谷=ひもんや
 狒狒爺=ひいじじい
 網羅=もうら
 八百万=やおよろず
 博打=ばくち
 物議=ぶつぎ
 醸し=かもし
 毎夜=まいよ
 宝玉=ほうぎょく
 文様=もんよう
 石棺=せっかん
 二籠=ふたこもり
 三鼎=みつがなえ
 一糸=いっし
 謳い=うたい
 埴輪=はにわ
 初音島=はつねじま
 睫毛=まつげ
 新幹線口=しんかんせんぐち
 汎用性=はんようせい
 襦袢=じゅばん
 鉋=かんな
 梢=こずえ
 耽美=たんび
 悲嘆=ひたん
 厚顔無恥=こうがんむち
 券売機=けんばいき
 煩雑=はんざつ
 喘ぎ声=あえぎごえ
 殺陣=たて
 異動=いどう
 訃報=ふほう
 黎明期=れいめいき
 汎用=はんよう
 如何に=いかに
 再来年=さらいねん
 堰=せき
 皆勤=かいきん
 白日のもとに曝す=はくじつのもとにさらす
 大山鳴動=たいさんめいどう
 磔刑像=たっけいぞう
 松明=たいまつ
 木霊=こだま
 御徒町=おかちまち
 運営される事業体=うんえいされるじぎょうたい
 征夷大将軍=せいいたいしょうぐん
 蝦夷=えぞ
 恣意的=しいてき
 耽美=たんび
 酩酊=めいてい
 珪素=けいそ
 渦中=かちゅう
 好事家=こうずか
 謡い=うたい
 佇んでいた=たたずんでいた
 赦し=ゆるし
 蔓草=つるくさ
 荘厳=そうごん
 被って=こうむって
 内訳=うちわけ
 三白眼=さんぱくがん
 乳頭=にゅうとう
 徘徊=はいかい
 夕餉=ゆうげ
 矯正=きょうせい
 敢行=かんこう
 高値=たかね
 宮内庁=くないちょう
 官公庁=かんこうちょう
 遵守=じゅんしゅ
 男色=だんしょく
 雑餉隈=ざっしょのくま
 破綻=はたん
 思惑=おもわく
 美女装子=びじょそうこ
 顧客=こきゃく
 炭化=たんか
 嬌声=きょうせい
 夜目=やめ
 訃報=ふほう
 神憑り=かみがかり
 行程=こうてい
 郷愁=きょうしゅう
 杞憂=きゆう
 貯水槽=ちょすいそう
 嗚咽=おえつ
 昼寝=ひるね
 投擲=とうてき
 辿る=たどる
 旨味=うまみ
 悼む=いたむ
 鰹=かつお
 颯爽=さっそう
 敢行=かんこう
 真摯=しんし
 白桃=はくとう
 一欠片=ひとかけら
 怪訝=けげん
 下弦=かげん
 訥々=とつとつ(口下手なさま)
 爆ぜた=はぜた
 眼下=がんか
 纏っている=まとっている
 陰唇=いんしん
 人気=ひとけ
 噂=うわさ
 爛れ=ただれ
 熱燗=あつかん
 白桃=はくとう
 香しい=かぐわしい
 虎視眈々=こしたんたん
 水密桃=すいみつとう
 迸る=ほとばしる
 鯨=くじら
 捕鯨=ほげい
 銭函=ぜにばこ
 積丹=しゃこたん
 夕張=ゆうばり
 富良野=ふらの
 弟子屈=てしかが
 老舗=しにせ
 大通公園=おおどおりこうえん
 逍遥地=しょうようち
 涼味=りょうみ
 放出=はなてん
 生醤油=きじょうゆ
 冤罪=えんざい
 羽子板=はごいた
 金鍔=きんつば
 餡=あん
 米粉=べいふん
 貴賓室=きひんしつ
 蔑ろ=ないがしろ
 白樺=しらかば
 報せる=しらせる
 外見=がいけん
 撒いた=まいた
 交響曲=こうきょうきょく
 苛まれる=さいなまれる
 狼狽=ろうばい
 狼狽える=うろたえる
 舌戦=ぜっせん
 捉える=とらえる
 強弓=ごうきゅう
 生来=せいらい
 平原=へいげん
 誤読=ごどく
 羊皮紙=ようひし
 五岳=ごがく
 城郭=じょうかく
 極彩色=ごくさいしき
 逡巡=しゅんじゅん
 (不明)
 ??=
 丘陵=きゅうりょう
 ??=
 ??=
 注連縄=しめなわ
 翻す=ひるがえす
 憔悴=しょうすい(つかれきったさま)
 咀嚼=そしゃく
 海淵=かいえん
 煽情的=せんじょうてき
 抉る=えぐる
 階下=かいか
 咄嗟=とっさ
 縋りつく=すがりつく
 怪訝=けげん
 装丁=そうちょう
 和気藹々=わきあいあい
 蹲ってる=うずくまってる
 庇護=ひご
 怒気=どき
 菩薩=ぼさつ
 出汁=だし
 剛毅=ごうき
 陥没=かんぼつ
 狼煙=のろし
 一言一句=いちごんいっく
 巌戸台=いわとだい
 分銅=ふんどう
 脆弱=ぜいじゃく
 切欠=きっかけ
 男子扮する=だんしふんする
 清々しい=すがすがしい
 蹲る=うずくまる
 凪いでいる=ないでいる
 顛末=てんまつ
 単=ひとえ
 切欠=きっかけ
 倒錯=とうさく
 風評=ふうひょう
 蒟蒻=こんにゃく
 侘しい=わびしい
 精鋭=せいえい
 肉塊=にくかい


3:摩央姉ちゃん助言「お昼に中華スタミナ定食はブタになるから×」
 摩央姉ちゃん助言「男は簡単にうろたえない」

4:どうするのが気持ちいいの?って質問するよりも、
 こうするのと、こうするのと、こうするの どれが一番気持ちいい?みたいな聞き方の方が答えやすいから、
 男も成長できるらしいよ