落選運動


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

s7反日糾弾まとめサイトです。
国民が知らない反日の実態

アサヒる殺人鬼・「山口県光市母子殺害事件」元少年に天誅が下りました。詳しくはこちらへ。




「チベット問題」って何?詳しくはこちらへ。

朝日新聞社もびっくりなアサヒる記事を世界中にばらまいた毎日新聞社糾弾まとめwikiです。毎日新聞問題の情報集積wiki

シーシェパードに宣戦布告をした、親日派アメリカ人・テキサス親父公式ブログです。Propaganda Buster
YOU TUBE「テキサス親父」検索結果です。Go!
ニコニコ動画「テキサス親父」検索結果です。Go!

「竹島問題って何?」「竹島プロジェクトって何?」→詳しくはこちらへ。

朝日新聞社は、チベット問題でもみそをつけています。詳しくはこちらへ。

断じて行えば鬼神も避く!! アサヒる政治屋は、「主権回復を目指す会」に糾弾されてしかるべきです!さらに落選してしかるべき!!

その他のアサヒる者についてはこちらへ。

主権回復を目指す会に糾弾要望電凸・メル凸・手紙凸したい方はこちらへ。
http://homepage2.nifty.com/shukenkaifuku/
こちらにも併せて糾弾要望電凸・メル凸・手紙凸願います。
1.この国は少し変だ!よーめんのブログ(毎月22日は「中国人による凶悪犯罪を忘れない日」になりました)
http://youmenipip.exblog.jp/
2.せと弘幸Blog『日本よ何処へ』
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/
3.在日特権を許さない市民の会 -
http://www.zaitokukai.com/
4.Doronpaの独り言(Doronpaこと桜井誠氏のブログ)
http://doronpa01.ameblo.jp/
5.博士の独り言さんの「博士の独り言 闘魂編」:イザ!
http://grandbee.iza.ne.jp/blog/




落選要望メル凸したい方はこちらへ。
反日議員を落選させる会 - livedoor Blog(ブログ)(携帯からしかメールは送れません。)




「主権回復を目指す会」に糾弾されたアサヒる政治屋およびそれを支持する者

太田誠一

クソガキどもを糾弾するHPを参照されたし。

公明党・創価学会

公明党売国議員一掃内)を参照されたし。

古賀誠

古賀誠売国議員一掃内)を参照されたし。

白眞勲

東京都新宿区出身。日本人の母と韓国人の父の間に生まれる。元は韓国国籍。
「民団のために」とはどういう意味でしょうか?!ラモス瑠偉氏のように日本が好きで、日本に居たい、だから帰化した、というならばわかりますが、こういう発言をするとなると、日本のために国会議員になっていない、「民団のために」偽装で帰化したととられても仕方がないです。偽装で帰化したならば、この人物は完全にアサヒっています。
(糾弾ホームページは下記福島瑞穂と同じ。)

立正佼成会

庭野鹿蔵氏(のちに庭野日敬と戸籍変更する。)が、1938年3月5日に「大日本立正交成会」として創立。(現在の名前に改称されたのは1960年6月1日。)
「揺るぎない信仰心」が培われた時代とされ、庭野日敬開祖会長(当時)と長沼妙佼脇祖(当時・副会長)の信仰指導(主に霊能や法華経読経による先祖供養・九星による方位学や五大真理による姓名鑑定など )によって、いわゆる「貧病争」の苦しみから救われ、仏道精進に導くというスタンスで布教活動を行っていた。当時の日本は第二次世界大戦の影響で多くの人々が苦しい生活を強いられていたため、会員の多くは直面する現実的な救われ(人生苦の根本的解決)を求めて修行に励んだ。
一方で戦後急激に拡大した教勢に対しマスコミの耳目を集めることになり、1956年に読売新聞が本部用地の取得にあたって不正が行われたと報道。庭野が国会に召喚され事態を説明するに至っている。
創価学会とともに、活動に様々な行過ぎや人権侵害等の公共の福祉に反するものがあるという訴えが多くなされ、国会でも取り上げられる問題となり、衆議院の法務委員会の調査結果に基き、1956年3月6日、不当な宗教活動に対して警告を発する「不正なる宗教活動に対する決議」が満場一致でなされたことがある。(参考リンク1)・(参考リンク2
社会奉仕活動が活発で、先項記述の「一食を捧げる運動」、「ユニセフ街頭募金」、「アフリカに毛布を送る運動」など教団を挙げて行う活動と各教会単位で清掃奉仕、施設慰問、障害者者施設の奉仕作業など行われている。 また毎年5月の第三日曜日を「青年の日」とし、全国の青年部員が各教会単位で企画準備したイベント、奉仕作業、街頭募金などが行われており、この日の正午に「平和の祈り」という黙祷を捧げ、立正佼成会の平和活動の一翼を担っている。
また他団体との積極的な交流を行い、入信への強引な勧誘を行わない等、法華系新宗教の中では穏健派といわれる。
この団体が所有する普門館は、長年全日本吹奏楽コンクール(社団法人全日本吹奏楽連盟・朝日新聞社主催)全国大会の中学の部・高校の部の演奏会場となっていて、吹奏楽部にとっては、野球部における甲子園のような存在になっている。
この団体は「菩薩行」の一環として、政治家を推薦するなど政治運動にも参加しています。人物を基準にして推薦するそうです。(以前は自民党を推していたが、自民党が敵対する創価学会を支持基盤とする公明党と連立を組んだため、猛反発して党単位での推薦をやめ、現在の基準になった。)しかし「民団のため」と発言して、偽装帰化・アサヒる帰化とも取れる態度に打って出た白眞勲を推薦するとはどういう意味でしょうか?!人物基準・平和を唱えるのもいいですが、まずは所属する国(日本なら日本)のために、力になることを基準にしたらいかがでしょうか?!これでは敵対する創価学会・公明党に物言いができなくなります。
立正佼成会の誤りを破す新興宗教等、邪宗退治の「百禍繚乱」内)

福島瑞穂

福島瑞穂売国議員一掃内)を参照されたし。

「主権回復を目指す会」に糾弾されていないアサヒる政治屋およびそれを支持する者

小沢一郎

「生活第一」を謳いながら、国会を空転させるA級戦犯。自らの「日本改造計画」を実践した首相時代の小泉純一郎氏を批判。さらに日本銀行総裁を戦後初の空席にした。
「生活第一」を謳いながら国会を空転させる、大阪府知事選挙の応援に駆け付けるためにということで、重要法案の採決を欠席するなど、こういう体たらくを繰り返すのはどうか。これでは「生活維新」どころか国そのものが破産します。さらに自らの著書を実践した小泉純一郎氏を批判する前に、自らの言動を総括すべきです。はったりの連発するなど、政権担当能力、いや人間性が疑われます。アサヒる者に首相の座を明け渡してはいけません。さらに日銀総裁を空席にしたのは、日本経済にとって有害極まれり!!言語道断この上ありません!!
その上党あげて外国人に参政権を与えるのは、軽率としか言いようがありません。地政学的に見て、歴史的に見て、現実的に見て、それからやるか否か判断すべきです。ヨーロッパの場合は昔から移民が他国の政治家になっているケースが多いです。アメリカに至っては移民の国です。そういう意味では欧米諸国は、クリアしています。(ヨーロッパの場合:アドルフ・ヒットラー ハンガリー→ドイツ/ウィリアム3世(名誉革命後に妻・メアリー2世と共にイングランドを共同統治する。) オランダ→イギリス アメリカの場合:アーノルド・シュワルツェネッガー氏 オーストリア→アメリカ)それに引き替え東北アジアの場合、民族性などからして、やたらそういうことをするのは大変危険です。それを顧みず無条件に賛成するのは暴論というものです。「主権回復を目指す会」の西村修平氏はこいつにも街宣攻撃をすべきです!!
外国人参政権に反対する会 公式サイト
民す党 - livedoor Blog(ブログ)予備ブログ
(糾弾ホームページは不明)

河野洋平

衆議院議長。元自由民主党総裁(歴代自民党総裁の中で唯一首相経験がない。)
村山富市内閣で外務大臣であった際、いわゆる「河野談話」を発表。日中関係において大きな物議をかもし出させた。しかも驚くことなかれ。台湾に不時着した際、飛行機から降りなかったことを誇らしげに思っているのである。度し難いまでの媚中派である。
こんなやつのせいで、日中関係に大きなヒビを入れられたかと思うとなると、腹立たしいものがある。小沢一郎ともども「主権回復を目指す会」の西村修平氏に街宣攻撃されるべきである!!
従軍慰安婦(筆者追記・追軍売春婦)問題の“根拠”とされている「河野談話」の白紙撤回を求める署名サイト(「河野談話」の白紙撤回を求める署名を実施しています。ご協力のほどよろしくお願いします。)

田中康夫

クソガキどもを糾弾するHPを参照されたし。

中川秀直・赤松広隆

こいつらは、野党第一党党首・小沢一郎の失態からほとぼりが冷めやらぬにもかかわらず、同様に国会をサボタージュ。視察という名のアサヒる申請でハワイでゴルフと来たものです。見事税金泥棒をしてくれました。
なめたまねしやがって!!特に赤松広隆は、てめえのところの社長が国会サボタージュと非難されたのに、こういうことをするのは、「党首は党首、オレはオレ。」と考えていることでしょう。今、日本は動乱の時代を迎えています。ヨーロッパでいえば1988年から1989年のときと構造が似ています。こういう時こそ政治家が真剣なまなざしでスクラムを組んで、この難局を乗り切らなければならないのに、何を能天気なことをしているのでしょうか?!悪ふざけにもほどがあります!!
パチンコマネー汚染議員、中川秀直・赤松広隆せと弘幸Blog『日本よ何処へ』内)

「日本軍慰安婦問題に関して政府の誠実な対応を要求する意見書」に賛成票を投じた24人の宝塚市議会議員

日本共産党宝塚市会議員団
代表 草野義雄
田中こう たぶち静子 となき正勝
市民ネット@宝塚
代表  深尾博和
伊福義治 小山哲史 寺本早苗
公明党議員団
代表 江原和明
中野正 藤岡和枝 三宅浩二
爽新会
代表 北山照昭
石倉加代子 坂下賢治
民主党議員団
代表 近石武夫
北野聡子 浜崎史孝
自民党議員団
代表 菊川美善
村上正明 山本敬子
社会民主党議員団
代表 梶川みさお
大島淡紅子
緑化福祉連合
代表 金岡静夫
井上きよし

多田浩一郎氏(爽新会)のみ反対票を投じる。

上記は2008年3月28日現在

宝塚市議会が、第二次世界大戦当時の日本軍慰安婦問題に関する日本政府の誠実な対応を求める請願を初めて採択した。
2008年3月26日に挺身隊問題対策協議会が明らかにしたところによると、日本の兵庫県宝塚市議会は25日に本会議を開き、日本の地方議会としては初めて、「日本軍慰安婦問題に関して政府の誠実な対応を要求する意見書」を通過させた。
宝塚市議会は3月4日、このような内容の請願を議題として上程して審議し、25日の本会議では市議会議員25人のうち24人が賛成票を投じた。
可決された意見書は、「昨年(2007年)7月にアメリカ下院議会が満場一致で日本の『慰安婦問題での謝罪』を求める議案を採択したことに対して、日本政府は遺憾の意を表明した。これは日本政府が述べてきた『謝罪』とかけ離れた態度であり、国際社会に対する欺瞞だ」と指摘した。
更に、「日本政府が『慰安婦』被害女性に対して公式謝罪や補償を行わず、教科書からもその内容を削除しようとしている態度に対して、世界各国から批判の声が強い。日本政府は『慰安婦』問題の真相を究明し、被害者の尊厳回復に対して努力し誠実な対応を取らねばならない」と求めた。
これに関して挺身隊対策協関係者は、「日本の地方議会で初めて慰安婦決議案が採択されたことで、慰安婦問題解決のために努力する日本の良心ある国会議員や市民団体の活動が一層活性化されるだろう」として、「宝塚の小さな一歩が日本政府を動かす力になるよう期待する」と表明した。
アサヒる談話に援護射撃とはいい根性です。どうやら2004年4月7日の「イラク日本人人質事件」の被害者や、「クソガキどもを糾弾するHP」のクソガキ連中のように、2ちゃんねらーに住所・電話番号を暴露されたいようですね。暴露は行き過ぎとしても、少なくても朝日新聞のようにしこたま叩かれることからは免れないことでしょう。こういうやつらは二度と当選させてはなりません。良識ある宝塚市民の皆さん、さっさとリコールしてしまいましょう。
地方議員ら集団オ○ニー!この国は少し変だ!よーめんのブログ(毎月22日は「中国人による凶悪犯罪を忘れない日」になりました)内)
【売国奴】宝塚市議会・売春婦解決請願採択:イザ!damedakoreaさんの「特亜を斬る」:イザ!内)

福田康夫

内閣総理大臣。
ついに辞任表明。ざまあみろです。しかしこのままではゾンビのごとく復活しかねません。住所・電話番号を暴露して徹底的に糾弾・再起不能に追い込むべきです。
史実をアサヒる中華人民共和国に肩入れをするのは、アサヒる者に対する協力行為です。売国奴は政治家にしておくわけにはいきません。人権擁護法推進政治屋ともども、徹底的に糾弾し倒して社会的に抹殺すべきです。福田康夫はこのasahiru辞書をくまなく読み通すべきです。そうすれば、もはや政治家になっていられなくなるでしょう。
その他アサヒる者の「中華人民共和国」項の動画の「ハリウッドスターたちがチベット独立を訴える(Act for Tibet)}」などは、2008年3月には、3月10日のデプン寺の僧侶によるデモに始まる抗議運動が、3月14日には大規模な暴動に発展し、多くの死傷者を出しているチベット動乱関連のものです。福田康夫はいつまでもこんな国を崇拝する気なのでしょうか?!星野仙一氏が、「自民トップも民主トップも、腰が引けてる。」と言うのは、実にもっともです。
チベット弾圧に福田首相は?:イザ!ponkoさんの「反日勢力を斬る・・・iZa版」:イザ!内)

横峯良郎

参議院議員。横峯さくら氏の父。通称・さくらパパ。
2007年の参議院議員選挙の候補者であった時、年金履歴の虚偽申請を奨励。アサヒることを奨励しました。(参考リンク・さくらパパ 年金履歴の虚偽申請を「奨励」
こいつは、愛人に貢がせ放題、素寒貧にさせました。さらにスーパーフリー(「クソガキどもを糾弾するHP」に掲載)よろしく、やりたい放題したそうです。(参考リンク・J-CASTニュース 「愛人」「賭けゴルフ」スキャンダル さくらパパ 議員の資格あるのか 
確かに田中角栄も三木武吉(「アサヒる報道関係者」の「渡辺恒雄」項参照されたし。)にも愛人がいましたが、問題は愛人をぞんざいに扱ったことです。これは人として許しがたいものがあります。アサヒる者気質のある者は、どうも人の気持ちになれないようです。だからこそアサヒる者は徹底的に糾弾し倒して社会的に抹殺すべきなのです。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。