反アサヒる者


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

反日糾弾まとめサイトです。
国民が知らない反日の実態

アサヒる殺人鬼・「山口県光市母子殺害事件」元少年に天誅が下りました。詳しくはこちらへ。




「竹島問題って何?」「竹島プロジェクトって何?」→詳しくはこちらへ。

「人権擁護法」って何?詳しくはこちらへ。

「チベット問題」って何?詳しくはこちらへ。

朝日新聞社もびっくりなアサヒる記事を世界中にばらまいた毎日新聞社糾弾まとめwikiです。毎日新聞問題の情報集積wiki

シーシェパードに宣戦布告をした、親日派アメリカ人・テキサス親父公式ブログです。Propaganda Buster
YOU TUBE「テキサス親父」検索結果です。Go!
ニコニコ動画「テキサス親父」検索結果です。Go!

反アサヒる者(ぜひ激励メッセージを送ってあげてください。)

「アサヒる者たち」についてはこちらへ。

「アサヒるって何?」→まずはこちらへジャンプ。

主権回復を目指す会に糾弾要望電凸・メル凸・手紙凸したい方はこちらへ。
http://homepage2.nifty.com/shukenkaifuku/
こちらにも併せて糾弾要望電凸・メル凸・手紙凸願います。
1.この国は少し変だ!よーめんのブログ(毎月22日は「中国人による凶悪犯罪を忘れない日」になりました)
http://youmenipip.exblog.jp/
2.せと弘幸Blog『日本よ何処へ』
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/
3.在日特権を許さない市民の会 -
http://www.zaitokukai.com/
4.Doronpaの独り言(Doronpaこと桜井誠氏のブログ)
http://doronpa01.ameblo.jp/
5.博士の独り言さんの「博士の独り言 闘魂編」:イザ!
http://grandbee.iza.ne.jp/blog/





2ちゃんねる

日本最大規模の巨大掲示板。「あめぞう」のユーザーであったひろゆき氏が開設。
「アサヒる」言論機関に対しては、批判的な傾向にある。そのためか朝日新聞社がネットを目の敵にする。
2004年4月7日の「イラク日本人人質事件」において、被害者を必要以上に糾弾して物議をかもし出したり、奈良県生駒郡平群町で発生した「騒音傷害事件」における被害者夫婦に対して非があるのでは!?という書き込みが相次いだり(週刊誌で「怪文書」扱いされた。)、または記憶に新しいところでは倖田來未氏に対する過熱とも見えるバッシングなど、運営管理上いろいろ問題点を抱えているのは事実である。そのため、漫画家の小林よしのり氏は、2ちゃんねるに対しては批判的である。しかし、2007年の鳥取砂丘巨大落書き事件の犯人を特定したり、また2008年6月には毎日新聞英語版WaiWaiによる捏造記事を暴いたり、2007年9月25日に「アベする」を非難すべく「アサヒる」という言葉を生み出すなど、総合的に見ると国益を破壊するどころか、逆に守る傾向にある。日本の国益には欠かせない存在といっても過言ではないでしょう。
2ちゃんねる

iza:イザ!

産経デジタルのニュース・ブログポータルサイト。ブログで記者と対話もできる、新聞から進んだ「新聞2.0」サービスを提供する。
iza:イザ!

SAPIO

小学館から発行されている、隔週刊誌。反米保守色が強い。反アサヒる者のコラムを載せる。小林よしのり氏の「ゴーマニズム宣言」を連載。
SAPIO小学館より)

WiLL

ワックマガジンズ発行の月刊誌。元「週刊文春」編集長・花田紀凱氏責任編集。「SAPIO」同様、反アサヒる者のコラムを載せる。勝谷誠彦氏の「築地をどり」を連載。非常に売れていて、アサヒる系雑誌を涙目にしている。
月刊WiLL

葵龍雄

「クソガキどもを糾弾するHP」運営者。「アサヒった」クソガキどもを徹底的に糾弾。
山口県光市母子殺害事件の差し戻し審の控訴審において死刑判決が出ました。アサヒる者を徹底的に糾弾し倒して、社会的に抹殺することを具現化したもののひとつです。田代まさし(「アサヒる芸能関係者」に掲載)や騒音おばさん(「その他アサヒる者に掲載」)もそうですが、こういう人物を社会的に抹殺することによって、周りの人間に平和をもたらしたのです。
クソガキどもを糾弾するHP

浅香光代

野村沙知代を脱税で告発。ムショ送りにして、一時社会的に抹殺した。(ただし野村は出所後、ぼちぼちテレビに出演している。)
旧聞に値しますが、アサヒる者に対して至極当然の対応したため掲載。2008年4月22日に、山口県光市母子殺害事件の差し戻し審の控訴審にて死刑判決が出ましたが、この加害者元少年をはじめとしたここ最近の陰湿な犯罪者のアサヒっぷりには目に余る者があります。このような状況で死刑廃止は無理です。にもかかわらずその状況を無視する国際アムネスティはKYとしか言いようがありません。日本において死刑廃止をするには、まずはアサヒる者を退治すべきです。

維新政党・新風


イマイ

日本テレビディレクター。同局製作「報道特捜プロジェクト」名物特捜オンブズマン。振り込め詐欺など、アサヒる請求に対してリダイヤル攻撃で果敢に立ち向かう。
2004年12月20日月曜夜9時に放送された『スーパーテレビ特別版』「衝撃!振り込め詐欺恐怖の極悪脅迫軍団」の番組でイマイ氏(今井ディレクター)が出演。全国ネット進出した。
フジテレビ製作「SMAP×SMAP」にてイマイ氏のパロディー「報道記者ナマイ」が放送された。
この粘着気質、いいですね。葵龍雄氏や西村修平氏に匹敵します。アサヒる者を徹底的に糾弾し倒すいい見本でもあります。
報道特捜プロジェクト(2005年8月20日放送 不当請求)報道特捜プロジェクト内)
イマイ記者

今上天皇(明仁)

2007年12月23日、74歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち宮殿での記者会見の際、「おととしから今年にかけての、生活の基本である食と住に関して国民に不安をもたらすような事情が明らかになったことは残念」とお言葉を述べられた。
下記動画をご覧ください。耐震偽装といった住の安全が脅かされている。そのうえ賞味期限の偽装や、期限切れの材料を使って加工するといった食の安全が脅かされている。「アサヒる」あまりに食や住の安全をないがしろにするようでは、まともな国づくりなどおぼつくことなどあり得ないし、子供の情操心を育てるのは大変難しい。陛下はこの先の国の行く末を大変ご心配されています。
2007年12月23日の宮殿での記者会見

小林よしのり

親日有名人国民が知らない反日の実態内)を参照されたし。

桜林美佐

親日有名人国民が知らない反日の実態内)を参照されたし。

島根県

中国地方にある県。詳しくは下記リンクへ。
領土問題は、国益にかかわる重大な問題です。その事実をきちんと伝えてこなかった日本政府の罪ははかり知れたものではありません。北方領土に関しては国をあげて取り組んでいるのとは対照的に。だからこそ島根県は見かねて条例化したのです。某新聞社が「このままいっそ韓国に譲ったら、と夢想する」と社説に書き込みましたが、いったいどこの国の新聞でしょうか?それに限らず、珊瑚礁事件を起こすなどオオカミ少年なことばかりしているから、桜林美佐氏や2ちゃんねらーに「アサヒる」と揶揄されるのです。そういう意味では「学研スマートグローブ」問題における学研の対応は、まだましといえましょう。
竹島プロジェクト

主権回復を目指す会

プロジェクトⅩ 西村修平
白眞勲(はくしんくん)議員が西村修平と約束!
7月2日毎日新聞社に抗議「変態記事を許さないぞ!」

2008年1月に発覚した毒餃子事件において生活協同組合の前で抗議活動を行った。
生協の影での対応には正直あきれます。(詳しくはここをご覧ください。このページにもリンクしてあります。)そんなことしていいと思っているのでしょうか!?
主権回復を目指す会
動画共有・ビデオブログ エキサイト:ドガログ My ドガログ(mcdo6969・主権回復を目指す会)
YouTube - shukenkaifuku1のチャンネル(主権回復を目指す会)
主権回復を目指す会とともに行動する方のホームページです。
1.この国は少し変だ!よーめんのブログ(毎月22日は「中国人による凶悪犯罪を忘れない日」になりました)
http://youmenipip.exblog.jp/
2.瀬戸弘幸
せと弘幸 オフィシャルサイト
http://zzz.co.jp/
Blog『日本よ何処へ』
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/
瀨戸弘幸事務所 プロフィール - Stickam
http://www.stickam.jp/profile/setohiroyuki
YouTube - hiroyukiseto's Channel
http://www.youtube.com/user/hiroyukiseto
3.在日特権を許さない市民の会 -
http://www.zaitokukai.com/
4.Doronpaの独り言(Doronpaこと桜井誠氏のブログ)
http://doronpa01.ameblo.jp/

日本が2000年以上維持できた理由!リウマの独り言「集団ストーカー編」 - livedoor Blog(ブログ)内・参考リンク)
上記「日本が2000年以上維持できた理由!」にあるとおり、神聖首長という伝統文化が間接侵略を防いできたのです。日本は世界一間接侵略を受けやすい国です。にもかかわらず、主権が守られ続けたのはなぜか?天然の要害に守られたというのもありますが、何よりも天皇陛下という神聖首長をいただいたことや、高い品格を持ったこと、勤勉・まじめさがあって、日本が日本であり続けたのです。それと対極にあるのがアサヒる者です。だからこそアサヒる者は、日本から抹殺されなければならないのです。

白洲次郎

天皇陛下からの贈り物を「そこら辺に置いといて。」と言ったダグラス・マッカーサーにたいして怒鳴り付けたと言う。そんな白洲次郎のことを「筋を通す男、例え相手が誰であっても。」と絶賛する者あり。
今の時代、それをやろうものなら惨殺されてしまうでしょう。しかし西村修平氏が登場したのは、せめての救いです。西村氏は平成の白洲次郎と言えましょう。筋を通す、これはアサヒる行為とは対照的です。

すぎやまこういち・渡辺美智雄

親日有名人国民が知らない反日の実態内)を参照されたし。

清廉会

日本国の政治を見守り、提言するブロガー同盟。
清廉会 - livedoor Blog(ブログ)

世界戦略研究所 - 国民の総意


善光寺

長野県長野市大字長野に位置する無宗派の仏教寺院である。
2008年4月18日に、善光寺は8日後に行われた、北京オリンピックの聖火リレーの出発式会場から辞退を表明した。
土壇場になって若手僧侶が反旗をひるがえして、結果北京オリンピックの聖火リレーの出発式会場から辞退に追い込まれたのです。史実をアサヒる国にオリンピックをする資格などありません。
【信州 善光寺】 公式ウェブサイト
善光寺境内使用を拒否!せと弘幸Blog『日本よ何処へ』内)

辻谷政久

親日有名人国民が知らない反日の実態内)を参照されたし。

日本マクドナルド

アサヒる報道関係者を参照されたし。

福島香織

産経新聞中国総局記者。2001年に香港支局(すでに閉局)勤務、2002年から北京駐在。北京の銀座と呼ばれる王府井近くに一人暮らし。趣味は美食、読書、旅行、観劇。目下、中国の人口、女性、貧困、環境、ネット、言論問題などが取材上の関心事。好きな言葉。「逃げない、はればれと立ち向かう」(岡本太郎)
下記リンクのブログのコーナー「北京趣聞博客 (ぺきんこねたぶろぐ)」を執筆。趣聞とは、(中国語で興味深い話題、噂話である。)街角で拾った小ネタ、タブロイド紙の三面ネタなどを、関西風突っ込みをいれつつゆかいに紹介。中国ではやりの書籍、映画、ドラマなどの文化情報も。
福島香織さんのページ:イザ!

星野仙一

親日有名人国民が知らない反日の実態内)を参照されたし。

松原仁

松原仁売国議員一掃内)を参照されたし。

宮崎哲弥

評論家。
2006年05月21日の読売テレビ「そこまで言って委員会」にて、日本テレビアナウンサー・炭谷宗佑の実名を発言。日本テレビおよび放送業界の談合体質・隠蔽体質を批判。過去に挙げた他人に対してのプライバシー侵害と報道の自由について述べた。
この顛末について、自らのホームページにて述べている。(参考リンク
また同番組・2007年5月27日の「山口県光市母子殺害事件の21人の弁護団」の件で、被害者遺族・本村洋氏の友人としながら、アサヒった主張をしたこの21人の連中を「許せない。」と発言して、怒りを表明した。
宮崎氏は「そこまで言って委員会」にて、臆することなく評論しています。東京(この場合、日本テレビ)でなら絶対に言えない発言です。
確かに自社の不祥事をやすやすとしゃべることはそうたやすいとは言えないでしょう。またどこもかしこも何らかの問題を抱えているものです。しかし、報道機関である以上は「社会の木鐸」という立場にあります。だからこそ社会的に擁護される権利はある反面、社会的責任は他業界より大きいのです。メディア関係者諸兄はぜひそのところをわきまえていただきたいものです。(史実の捏造を繰り返す朝日新聞社や殺人事件の原因を作ったTBSが、とことん糾弾されたのはそのためです。)

本村洋

「山口県光市母子殺害事件」の被害者遺族。2008年4月22日の広島高裁で行われた、差し戻し審の控訴審において、アサヒる獄中書簡を出す、「ドラえもんが助けてくれると思った。」などアサヒり放題な加害者元少年を死刑に追い込んだ。2008年6月号「WiLL」において独占手記を投稿する。そのなかでこの元少年の驕慢極まるアサヒった人間性を暴露した。
アサヒる者は徹底的に糾弾し倒して社会的に抹殺すべきなのは言うまでもありません。本村氏は司法界にはびこる「バカの壁」をぶち壊すのに多大なる労力を消費しました。浅香光代氏や日本マクドナルドはアサヒる者を社会的に抹殺しました。本村氏はこのアサヒる元少年を社会的にとどまらずこの世から抹殺しようと活動しています。本村氏にとどまらず、犯罪の厳罰化・2008年4月26日の聖火リレーにおける反中国運動・チャイナフリー運動はアサヒる者に対して「断じて行えば鬼神も避く」対応です。これにより日本においてのアサヒる者の立場がますます厳しくなりました。いい傾向です。
今までの日本がアサヒる者に甘すぎたから、特亜にしてやられ放題、オウム事件の解決に多くの犠牲者を出さなければらない、騒音おばさん問題の解決に15年の時間を浪費する、など理不尽を解決する能力を失ってしまったのです。特に「特亜にしてやられ放題」は、日本のよき伝統を崩壊させました。それがこの1~2年で改善してきました。せと弘幸氏は自らのブログで、「これまでだったら、在日韓国人のやりたい放題なことに我々日本人は目をつぶらざるを得ない状況でした。しかし、昨年(2007年)夏以降このような反日勢力に対して、一般の方々が自ら進んでこのような抗議に参集をして頂く機会が増えつつあります。」とコメント。日本が日本であり続けてこそ、東アジアの平和・強いては世界の平和のためなのです。
したがって日本において死刑廃止するのは半世紀早いです。日本において死刑廃止するためには、まずグローバル社会において教育改革をして末永く日本が日本であり続けるようにすること、世論がアサヒる者を絶対に許さない・社会的に抹殺することを当たり前にすること、国際社会において日本の発言力を高めること(国連を脱退して新しい国際連盟を創設、日本が常任理事国になるなど)、核武装・世界一の軍事大国にして特定アジアを沈黙に追い込む、国益毀損活動・アサヒる活動をする者を団体規制法の対象にする・公民権を剥奪する、不法入国者・わいろ行為・選挙違反者・外国スパイに対する利敵行為・内乱行為・外患誘致行為をイランのように公開拷問処刑にする死刑廃止国の中に、スパイ行為を死刑にしている国あり。(例・イスラエル))、食料自給率・エネルギー自給率をともに材料単位から200%超にするなど徹底的に構造改革を進めないといけません。アメリカやヨーロッパ・韓国など他国とは状況が違う特殊な事情を抱えているのです。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。