パルフェ



原画 ねこにゃん
シナリオ 丸戸史明 (企画屋)

59 :名無したちの午後 [sage] :2005/03/29(火) 09:45:21 ID:GU/6FVpq
   パルフェの仁×かすりはシチュこそ短いものの紛う方無くバカップル


563 :名無したちの午後 [sage] :2007/08/14(火) 04:03:20 ID:t22Li/ql0
   しっかりした告白シーンも重要だな。2人で好きという気持ちを確かめ合う前に
   なし崩しでHしちゃったりすると大いに気分が醒めてしまう。
   パルフェのカトレアシナリオはそこんとこがマイナス点だった。


290 :名無したちの午後 [sage] :2008/06/24(火) 23:46:44 ID:OJ5a7qE30
   確かに自分もこのスレに来て、イチャラブ好きと自覚してからテンプレに
   挙げられているのをいくつかプレイしたけど、満足できないものもあった。
   わんことくらそうとか丸戸のパルフェ・こんにゃく、かみぱに!等、
   イチャラブを楽しむ前にストーリーが進むし、わんくらに至っては恋愛否定・・・


389 :名無したちの午後 [sage] :2009/01/20(火) 01:52:30 ID:A9cFz99Y0
   パルフェの里伽子ルートっていちゃラブなのかな?
   カトレアはニコ動である程度内容見て購入決定。
   ついでにつよきす・こんぶも同時に買うわ。


390 :名無したちの午後 [sage] :2009/01/20(火) 02:10:50 ID:dFUYsLM50
   里伽子ルートは内容の95%がシリアスだからその点は期待しないほうがいいと思います


392 :名無したちの午後 [sage] :2009/01/20(火) 12:33:33 ID:RU4Bahfo0
   里伽子はシリアス展開が強烈でバカップル的には一見地雷だが、
   わだかまりが解けた時の反動が良い意味で激しいのでそこは期待していいと思う


393 :名無したちの午後 [sage] :2009/01/20(火) 23:58:08 ID:RglXfq0/0
   里伽子ならフォセットの追加シナリオでもイチャイチャあるな。
   まあ、基本はシリアスだけれども。


508 :名無したちの午後 [sage] :2009/02/03(火) 18:53:14 ID:31TSiSDI0
   gardenだけど
   エロ回数が少ないとか前戯ばっかで本番が薄いとかって言うのは、まぁ我慢できるとして
   絵里香ルートはベッドシーンくらいでしかイチャラブがなかった
   先生ルートは「会えるのは週一回、休みの日だけ」とか言われて、この時点でもう無理だった
   他のルートはやってないので知らん

   つまりだ
   シリアスは全くなしで
   ひたすらいちゃラブするのがいいのよ
   ピロートークも1時間くらいあるのがいいなぁ


509 :名無したちの午後 [sage] :2009/02/03(火) 19:30:50 ID:CejQCN060
   それなら「パルフェ」と「この青空に約束を―」は止めておいた方が良いよ
   シリアス多いから


855 :名無したちの午後 [sage] :2009/03/07(土) 10:16:09 ID:hPGyGbSSO
   ショコラって三角関係あるの?
   パルフェ良かったから買ってみようと思ってたんだけどやめといた方が良いかな…


856 :名無したちの午後 [sage] :2009/03/07(土) 10:44:20 ID:IEnms5bE0
   ある、というか丸戸はシリアスな展開が多いよ
   いちゃラブだけを楽しみたいならあんま向いてないと思う


676 :名無したちの午後 [sage] :2009/06/02(火) 23:59:24 ID:pdgGJMIx0
   イチャラブゲーとしてどれが良いか意見割れてるなー
   イチャラブしてる期間が長いといいのか、期間よりしっかりと愛情の確認できる等、
   その質がいいのか、あるいはくっ付くまでの共通も含めた全体のバランスで見られてるのか・・・
   イチャラブゲーとしてほとんど異論なしに支持されてるのはさくらむすびくらいか・・・
   俺自身はイチャラブ期間は長くないけどパルフェが一番好きだな・・・
   パルフェがイチャラブじゃないなんて個人的には信じられない


655 :名無したちの午後 [sage] :2011/01/25(火) 02:27:15 ID:W1PcxFz60
   定期的にみみみ先輩の嫁発言を聞いてニヤニヤしているのは俺だけではないはず
   シリアス系のシナリオとかだと一度クリアーするともう二度とやらなくなったりするけど
   イチャラブ系は何度でもやりたくなるのがいいね
   ラブラブルもそうなってくれるといいなー


656 :名無したちの午後 [sage] :2011/01/25(火) 02:29:00 ID:Pv1Ve5Z50
   イチャラブエロゲは定期的にニヤニヤしたくなってプレイしちゃうよなw
   パルフェの玲愛ルートとか5年間で50回は余裕で超えるくらいプレイしてるわ


657 :名無したちの午後 [sage] :2011/01/25(火) 18:24:11 ID:/LUxgsho0
   パルフェか、懐かしいな。グッドエンドの最後のやりとりは最高だったな


526 :名無したちの午後 [sage] :2012/04/25(水) 23:59:43.46 ID:q3dSdXIS0
   今更ながらパルフェプレイしてるけども、告白シーンがすごく気に入った
   イチャラブライターとしては保住氏は決して悪くは無いんだけど、
   告白シーンの盛り上げ方では丸戸の方がすごいなと思ったり
   ただ丸戸の方は結構性急にHシーンに走り出す傾向も見えなくもない・・・



★各キャラクターについて(ネタバレ注意)

★恋愛描写について
告白のシーンなどヒロイン6人でそれぞれ面白い描き方をされているが、後ろ暗いところなしにガチでいちゃいちゃしているのは玲愛と、辛うじて明日香と言ったところ。
仲を深めていく過程においては、ほぼ完全に玲愛の独擅場である。
また、全シナリオで後半辺りに何らかの問題が表面化したり、こじれた関係が崩壊したりという、いわゆる「カップルの危機」を迎えてしまう。
しかし、この危機は乗り越えた後に生まれるより深い絆の演出材料として機能しており、また乗り越えた後を描くのが丸戸はかなり巧いため、
思ったよりウザく感じないだろう。…何事にも例外はあるが。

ヒロインごとの見所
由飛   思わせぶりな言動、告白を巡るエトセトラ、職場で普通にキスをねだる大胆不敵さなど
玲愛   共通含めての好きになる過程、見かけツンツンで中身とろっとろなど
明日香 思春期の性的好奇心と女の小ズルさと乙女の恋心との危ないブレンド
かすり かすりのコンプレックスと仁の疑心暗鬼とクライマックスの大ぶっちゃけ
恵麻   秘密の関係とか背徳感、TPOわきまえられないブラコンぶりなど イチャイチャの見所? わかんね
里伽子 ラスボスにふさわしく重い恋の障害、お互いにどうしようもない根深い愛情など


非推奨 攻略順
基本的に里伽子を後回しにした方がいいのだが、特にやると余韻とかが倍増しかねない順番を下に挙げます。

恵麻の前に里伽子
 恵麻シナリオにおける里伽子の言葉の意味が分かるのはいいが、同時に罪悪感が蘇るので止めた方が良い。
 それに余計恵麻の不遇ぶりに泣けてくる。

玲愛の前に里伽子
 玲愛シナリオでは、恵麻シナリオに次いで大きく里伽子への伏線が張られており、
 先に読むと台無しになってしまうかもしれない。

由飛の前に玲愛
 由飛の微妙な待遇に泣けてくる可能性があるので、由飛を一目で気に入った人にはお勧めできない。


★エロシーンとか
モノがメイド喫茶だからなのか、大体が着衣。延長戦はあるが後戯の割合は低め。
しかしH中のテキスト(特に3回目)からは臨界点に達した愛とか慕情とかが迸っている。
「愛してる」って言い合いながら…とか。
またシナリオから変に浮くことなくエロシーンを描けている印象もあって良い。
エロシーン中に物語の伏線が張ってある場合さえある。

★演出
「ヒロインのモノローグをあまり用いない」事が一つの特徴。
例えば保住は主人公への印象が変わりそうな場面になると、ヒロインの心情を地の文で語らせているが、
丸戸の場合はヒロイン同士の会話や独り言によって感情の揺れを表現する。
ここでは玲愛が風邪引いて強制的に留守番させられる場面や、似顔絵入りオムライスを送りつけられる場面など。

★最後に
登場人物の平均年齢が高い事もあり、公然とイチャイチャしているわけにもいかないが、恋愛描写の巧さと瞬間的なラブラブ度はかなりの物。
欲を言えば少しテンポが良すぎるのが難だが、質で勝負する派には問題なし。


フォセット(「パルフェ」「この青空に約束を―」の合作ファンディスク)
複数ライター(丸戸も居る)のためシナリオによって差がある。
フォセットに収録されてるパルフェ関連シナリオとライターは以下の通り。
  • 『カトレア記念日』……丸戸史明
  • 『かすりんの恋愛塾 FINAL』(H有り)……渡辺僚一
  • 『迷える羊と魑魅魍魎』……味塩ロケッツ
  • 『脱カトレア記念日』(H有り)……丸戸史明
  • 『里伽子抄』(H有り)……丸戸史明

丸戸自身が関わっていたのは、自分でドびいきしていた玲愛と里伽子。
両方とも、本編のクライマックスからエピローグまでの間になにがあったか、の形式を取っている。
しかも玲愛の場合、本編12月23日のアレをやたら詳細に描くと言う「フリ」をも用意しているのがにくい。

丸戸以外のライターのシナリオの中で、かすりの『かすりんの恋愛塾 FINAL』はそこそこの評価を受けている。
しかし明日香の『迷える羊と魑魅魍魎』は本編のキャラ設定をぶち壊す内容で、フォセット収録シナリオの中で最も酷い内容だと言われている。