※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

便利グッズ


あると役立つ

●エアー枕・エアークッション
長時間移動の眠りと腰に役立つ。旅行グッズ売り場や100円均一にも売っている。
●マスク
車内の乾燥による喉への負担を防ぐ。100円均一や激安店でも売っている。
●薄手のカーディガン・大判スカーフ
一枚あると、車内の冷房や急激な気候の変化に役立つ。膝にかける、首に巻く。
●安全ピン
破れた時やボタンが飛んだ時の応急処置に。
●コンセント
稀にネカフェなどは使用出来る穴が一つしか無い箇所もあるので役立つ。主に充電やコテ。参考URL

●充電式充電器
コンセント式の物に充電池が内臓されている。コンセントからの充電と同時に電池にも充電されるので、急な電池切れやコンセントのない場所での充電に便利。2000円位~と電池式、普通のAC式より割高だが、両方持ち歩くよりリーズナブルで嵩張らない。参考URL最近は防災用品などとしてソーラー充電、手回し充電方式の充電器も増えた。

●冬期の寒冷地(北陸、東北、北海道)での対策
  • 寒がりさんなら服に響かない下着を1組余分に用意する。
 カジュアルならGパンの下にレギンスを履くとか、七分袖のババシャツを着るとか。
 靴下も足元が濡れた時用に1〜2足余分にあると良いかも。
  • 薄手の羽織りものor大判のスカーフを1枚持っていくと何かと重宝する。
  • 靴は底の溝がしっかりしているものを履くように。
 パンプスなどヒールが細い靴で雪の上を歩くと、普段以上に足が疲れる。
 ビビッて歩くと逆にコケる、コケそうになったら慌てちゃだめ。けどコケる時は何やってもコケる
  • 積雪があるようなら靴の滑り止めがあると楽に歩ける。(キオスク、コンビニ等では売ってないので、事前の準備、もしくは現地の靴屋へ)
  • TV等でよく言うが、靴の上からストッキングやタイツをかぶせると滑り止めになるらしいので、伝染した物を鞄の中に入れておくといいかも。
  • ボストンバッグの類だと重心が不安定になりがちなので、荷物はキャリーまたはリュックを使うと良い。


行く3日前からの現地の気象チェックも忘れないように。
(冬場の週間予報は意外とアテにならない事も多いw)
北陸ではそこまでの必要はないかもしれないけど、
  • うちの母が北海道旅行ついでに現地でスパイク付きの
ショートブーツを買って来てた。小さいスパイクが
足裏部分にあってくるっと起こせるやつ。
これから北国回りする人は現地で探してみればいいかも。
  • 高いヒールの靴は地元の子なら踵を刺すようにして歩ける。
でも慣れない人は止めたほうが吉。