※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

初心者の館 ~LEVEL FINAL~


「LEVEL FINAL ~☆★☆優勝☆★☆~」



七原 「よう!ここは初心者の館、LEVEL FINAL!」

七原 「ついにここまで来たんだな・・・おーい。三村~!」

三村 「ねぇねぇーそこの彼女ー今暇してる?一緒に遊ぼうぜ!えーいいじゃーん?」

七原 「えぇ・・・。最後の最後に参加者ナンパしてるー・・・。」

三村 「・・・ちっ。ノリ悪いな・・・。お?もう最後じゃん。」

七原 「・・・。そうだな・・・。長いようで短かったな。」

三村 「長かったぜ。」

七原 「・・・お前あんま喋ってないだろ?」

三村 「ok!」

七原 「あ・・・あぁ。(えぇー・・・・それだけ・・・もっと何か言うだろ、そんな事ねぇよとかさ・・・)」

三村 「この長く辛い戦いをよくぞ生き抜いたよな・・・。」

七原 「そうだな。優勝おめでとう・・・。」

三村 「所で情報なんだった?」

七原 「そういう事で・・・情報はもらえただろ?これが優勝者の特典さ。素晴らしいだろう。」

三村 「いいな。俺も欲しいわ。」

七原 「それはバトロワプレイヤー皆思う事さ。まぁ、ゲームの管理人は大した情報じゃないって言い切っているがな・・・。」

三村 「でも昔はそんな特典なかったぞ。」

七原 「そうだな。時代は変わるものさ。現にバトロワも進化しているだろ?」

三村 「確かに。sideなんか増えまくって武器なんかもっと増えまくってるからな。」

七原 「そうだな・・・。まぁ黄金時代は過ぎてしまったけどバトロワはやっぱりおもしろいよな。変な中毒性があるしな・・・。」

三村 「・・・わかるわ。つか雑談しすぎだろ俺たち。」

七原 「ナイス三村。うっかり忘れてたよ。」

三村 「・・・。」

七原 「と言うことで、ここまで来た自称・初心者な君。もう君はここまで来たら初心者という肩書きは消えているに違いないだろう。様々な困難を乗り越え、見事優勝という素晴らしい成績を残した君。」

三村 「・・・というか、俺たちかなり適当にやってた気がするけどな・・・。」

七原 「それは・・・間違いないな。まぁいいんじゃないか?アルバイトだし。」

三村 「そ・・・そうだな。」

七原 「正直途中で作るのだるくなって放置しそうになったクポ、ってモグ社長が言ってたぞ。意味がわからなかったけど。」

三村 「???」

七原 「たぶんモグ社長自身の話だろ。」

三村 「・・・ok。」

七原 「って感じで俺たちの仕事はここまでだな。」

三村 「そうだな。何かゲームの進む展開とかかなり有利な状況で進めてたけどな。」

七原 「あぁ。じゃなきゃ優勝出来ないし仕方ないさ。」

三村 「・・・だな。まぁ俺たちが教えた通りにしたからってうまくいくとは限らないぜ。あくまで参考程度にな?」

七原 「そういう事。1番大事なのは、何度も死んでは悔しい思いをし、そしてリベンジする、という気持ちが大事なのさ。」

三村 「そうしてプレイしていけば、自然と実力がついてきて簡単に優勝出来るようになっているぜ。」

七原 「あぁ。要は、経験で力をつけて優勝を重ねていけば必ず強い人間になれるっってわけだ。まぁ運ってのも必要だけどな。」

三村 「さすがに運については俺たちではどうにも出来ないからな。」

七原 「そうだな。その部分に関しては自分が持っている運を信じる事だ。」

三村 「・・・そういう事。」

七原 「長くなったけどここまでつき合ってくれてありがとう。」

三村 「・・・サンキューな。」

七原 「また機会があったらどこかで会おうぜ。次に会う時はもっと成長した姿を見せてくれよな!期待してるぜ。」

三村 「華麗なダンクシュート決めて来いよ。」

七原 「いかすじゃん・・・三村。」

三村 「いやいや・・・。お前には勝てねぇよ・・・七原。」

七原 「ふっ・・・んじゃ、そろそろ行くか・・・。」

三村 「・・・ok。」


かなり適当で申し訳ないです・・・。
何かご意見、ご感想などございましたらこちらからどうぞ。


今日 -
昨日 -
合計 -