※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

UV/image editor メニューバー

画像>新規作成or開く からイメージを読み込んでから作業に入ります。
また、レンダリングしたイメージは画像を選んでから保存する事が出来ます。
めんどくさいので、User Preferencesのオートセーブにをチェックしておきましょう。

View



Select


Image


UV


Pivot


Select Mode


Sticky


Magnet




UVとメッシュ選択を同期させる


通常UV画面に現れるのは、Editモードで選択した面だけです。

同期させると、オブジェクトのメッシュ全ての面がUV画面に現れます。

また、「重なった頂点の選択」で「共有する頂点」を選ぶと、同じ頂点を同時に動かす事が出来ます。

UV画面で選択した頂点は、3DViewでも選択されています





UV展開

展開する為の切れ込み線を選びます。
Editモードでメッシュのラインを選択してください。

Ctrl+E>Mark Seamを選ぶと、選択した線がMaskされます。
Mask解除したいときはClearMaskを選択します。

次にAキーで全体を選択し、Uキー>UnWrapを選びます

これで切れ込みで分割されたUVが出来ました。
顔、両目、左右耳表、左右耳裏

UV保存

展開したUVを保存します

Image>Newで.tgaファイルを新規作成し、適当に位置を合わせたら

UVs>Script>Save UV face Layoutで保存先を選択