※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

流体シミュレーションをする場合に必要な物は
1.シミュレーション範囲と設定
2.流体とするオブジェクト
3.障害物とするオブジェクト
この3つが必要となります

  • Domain:シミュレーション範囲と流体の設定をします。
    • Std
    • Adv:重力や粘性などの設定
    • Bnd:流体にSubSurfaceをかけます
    • Par:飛び散る流体の量を設定します

  • Fluid
    オブジェクトの体積を流体に設定します
  • Obstacle
    オブジェクトを障害物に設定します


  • Inflow流体を吐き出しつづけます。いわゆる蛇口

  • Outflowいわゆる排水溝

  • Particle

  • Control