※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

洗脳に特徴的な事項

  • また,オウム真理教でも親などにかくまわれた脱会者を取り返すため,右翼の宣伝カーよろしくその脱会者がいる自宅そばで音声をながしつづけるという。たとえば,麻原教祖による「修行するぞ」を連呼する内容だったりするわけだ。すると頭を抱えてうずくまる脱会者などもいたらしいが,これもある恐怖を植えつけられていたためだと考えられる。手法としては,ある痛みをずーっと与えておき,麻原教祖の写真を見せた瞬間に取り除くといった操作を行う。すると「パブロフの犬」のように,写真を見ただけで痛みを感じなくなるというような条件反射も可能になる。宣伝カーが鳴らしつづけた教祖の声には,それと同様の何かがあったのかもしれない。(「分析・恐怖の洗脳テクニック」酒井和夫より引用)
  • カルト集団が勧誘するときは,むりやり誘うばかりではない。反発されないようにスッと引くというのも手口となっている。だから,「あなたが決めたのですよ」と言ってやることにより,操作される側は,最後は自分が自発的に決めたのだと思って,それをあっさり受け入れてしまう。(「分析・恐怖の洗脳テクニック」酒井和夫より引用)



アクセス者数
合計: -
今日: -
昨日: -
トップページの合計: -


名前:
コメント: