カメラの設定(rFのみ)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Cameras(rFのみ)


この項目ではrFactorの.camファイルを設定することが出来ます。
rFactorのTV視点の設定をBTBの3D画面から直接指定出来ます。

公式チュートリアル(英語)

Basic


Name

カメラに名前を付けることが出来ます。そのままでも可。

Set to current view

3D画面で表示している視点をカメラのPositionにそのまま指定します。


Movement

Camera moves along a pathのチェックボックスにチェックをすると移動するカメラが設定できます。
3D画面には2つの丸とそれにつながれたコースが出てきます。
コースには矢印が描いてあり、その矢印の方向へカメラが動くわけです。
コースを曲げる際にはコース上でCtrl+クリック


Keep edits above groundのチェックボックスにチェックをすると


Movement Rate

カメラの移動速度です。値を大きくするとカメラの移動速度アップ



Activation

Activationは丸の形になっており、その丸の中に車が入ってくると、その丸のカメラが車を映します。

Radius

ActivationRadius、丸の半径を決めることが出来ます。

Alternative Activation Location

このチェックボックスにチェックをすると、3D画面で丸を動かすことが出来ます。
コースを遠くから映したりする時に有効です。

Advanced

カメラの諸設定欄です

Clip Planes


LOD Multiplier


Mipmap LOD


Tracking


Groups

カメラを4つのグループに分けることが出来ます。
1周ごとに違う視点から映したい、という際に有効です。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。