フリーのGoogle Sketchup6を使ってBTBのobjectを作る


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

使うもの
公式サイト (http://sketchup.google.com/intl/ja/)
(Ver7ではエラーが出ます)
  • 各自テクスチャ画像など

はじめに

3Dモデルの作成には様々な方法がありますが、大抵は3Dモデリングソフトで金がかかります。
BTBの壁ツールでも工夫次第では作れますが、非常に面倒だったりします。
そこで、直感的な操作で3Dモデリングが出来る事で定評のあるGoogle Sketchupのフリー版を使用するのがおすすめです。

※ただし、Google SketchupはすでにVer.7にバージョンアップしており、日本語版Ver6がダウンロードできる場所が見当たりません。
調査中

手順

3Dモデリングをする

Google Sketchupでのモデリングの方法などは、ヘルプや、検索エンジンで検索すると出てきますので、ここでは割愛

今回はこのピット風の建物を使用します。

注意

テクスチャ画像はサイズを縦、横ともに2の累乗にしなければなりません。
それ以外のサイズだとエラーが起きます。
(例) 256x256 128x1024 or 512x16 など

エクスポート

この物体をBTBで使用できる.daeに変換します。
無料版Google Sketchupでは本来Google Earthに使う.kmz方式にしか変換は出来ませんが、ちょっとした作業で変換することが出来ます。
実は.kmzファイルはテクスチャ画像と.dae方式の3Dモデルを含むZIPファイルとなっています。

  • まず、メニューバーのファイル > エクスポートから3Dモデルを選択

  • 次にエクスポート方式なのですが、Google Earth 4の.kmzを選択します。 通常のGoogle Earthの.kmzだとdaeファイルを取り出すことが出来ません。

  • .kmzでエクスポートした後は、.kmz から .zipに変更、解凍します。

Xpackerでインポートする

  • Xpackerを起動し、始めにXpack名を入力し、Create Empty Xpacksをクリックします。

  • Objectタブから一番下にあるAddをクリックします。

  • 先ほど解凍した.kmzファイルのフォルダから、.daeファイルを選びます
(解凍したフォルダの中にあるmodelsに入っています。)

注意

Google Sketchupで元から入っているテクスチャを使って製作した場合、テクスチャのサイズが2の累乗では無い場合があります。
その場合はサイズを直してからインポートしてください。

  • .daeファイルをインポートしたら、名前やobjectの設定を済まし、saveボタンをクリック

  • メニューバーのファイルからZIP to BTBを選び、Xpackにする

完成

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。