BTBXpacker


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

BTB XPackerとは

このアプリケーションを使い、TextureやMaterial、Objectsなどをまとめあげ、XPackにすることが出来ます。


操作説明

Files(メニューバー)

  • New XPack
いわゆる「新規作成」です。

  • Open XPacks Folder
いわゆる「開く」です

  • Zip to BTB
XPackerで編集したXPackをZipにまとめてBTB上で使えるようにします。

XPack


  • XPack Name
XPackの名前を入力する欄です。 横のCreate Empty XPackをクリックすることでXPackを作成出来ます。

  • Author
XPackの作者名を入力する欄です。 BTBでXPackを選ぶ際に表示されます

  • Date
XPackを作った日付を入力する欄です。 <-Todayボタンを押すと、今日の日付が自動的に入力されます。
BTBでXPackを選ぶ際に表示されます

  • Descripton
XPackの説明を入力する欄です。 BTBでXPackを選ぶ際に表示されます。
入力し終わったら、下のSaveボタンで保存してください。

  • Image
XPackの画像を挿入することが出来ます。 中身が伝わりやすい画像などを入れましょう。
BTBでXPackを選ぶ際に表示されます

String Objects


String Objectsとは

String Objects(通称:SObjects)はWallを使うようにObjectsを線上に並べて配置することが出来る機能です。
XPackに登録したObjectsを組み合わせて設定することが出来ます。


設定方法

1

まず、Addボタンを押し、新しいSObjectsの項目を作ってください。

2

Path/NameでSObjectsの階層、名前を入力、DescriptonでSObjectsの簡単な説明も入力出来ます。

透明色の指定方法

XPackerの[Materials]タグの[Transparency](赤いアンダーラインのあるところ)を『USE Alpha』に
さらに右の色指定の(画面上で黒い部分に赤いアンダーラインのところ)をクリックすると
色指定の『色指定ダイアログ』が現れます。
カラフルなカラーサンプルの小さなBOXが左側に並んでいるので
一番左下の「黒」を指定してください。

この透明色の指定は、透明色のあるテクスチャ全てに指定する必要があるので
【Materials】タグのDiffuseでLoadするテクスチャ一つ一つ抜けないように
上記で説明した透明色の指定をしたら必ずSaveボタンをクリックします。

透明色が無ければ、指定する必要はありません。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル