※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

779 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:03/07/13 18:54 ID:rQJs8QNI
あ~もう、なってくれ、獣に!
悟空とチチのぐちょぐちょエロエロな話が読みてぇっす。
体力に任せて何度も何度も…みたいな。


780 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:03/07/13 20:56 ID:yA2JZg3V
「はは。すまねえ、チチ。また立っちまったみてえだ」
「ご、悟空さ、またなのけ? もう何回目だと思ってるだ」
「ちょっと多かったかな… まっ、いっか」
「よっ、よくねえだ!」


ごめん、ここだけ思いついて
自己受けしてしまった。

782 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:03/07/13 21:26 ID:iOPQJNJn
↑何回目だとおもってるだ と言うチチにもまだ体力に余裕があるとみた。初エチの時どこの穴に入れていいのか解らず穴留に突っ込んでしまう悟空。そんで泣きながら怒るチチ。そんなことを考えつつほくそ笑んでまつ。

784 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:03/07/13 21:57 ID:yA2JZg3V
>782
「そったらとこに入れるだなんて最低だべ!」
「ん? 穴に入れれば、いいんじゃねえのか?」
「女には、ちゃんとそれ用のところがあるだ!」
「ひょえー。オラ知らねえぞ… チチ、ちょっと見せてみろ」
「え? こ、こら何するだ!」
「こうなってんのかぁ。穴ってーと、ここかな」
「あっ。ゆ、指を入れるでねえだ…!」
「だってよ、また間違えっといけねえだろ」
「あっ …ん」
「ん? どうしたんだ、チチ。ははあ。
 おめえ、ひょっとして気持ちよくなってんだな」
「ばっ、ばかなこと言うでねえだ!」


…止まらなくなってきた。そろそろ逝くわ。


785 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:03/07/13 23:51 ID:wyR2WF94
調子にのり>784の続き。 「なんだ?この穴からヌルヌルしたもんが出てきたぞ」「あっ…いやっ…」「いやなんか?こうすると気持ちいいんだろ?」「んんっ…悟空さぁ」「うわ…すげぇぞチチ、ヒクヒクしてるぞ、ここ」どうか続け。


786 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:03/07/14 00:05 ID:sl98ihdx
どうか続け、にワロタvv

「どれっくれえ深けぇ穴なんかな? ちっと確かめてみっか!」
「悟空さぁっ…」
「ヤじゃねぇみてぇだな、じゃ、この辺はどうだ?」
「そんなグリグリ動かさねぇでけろぉ……っ」
「うーん、まだ奥があるみてぇだなぁ。じゃ、こっち入れてみっか? オラのコレのほうが太いし長げぇかんな!」
「な、な…、やり方知ってるんでねぇけっ!!」

どぞ、こんなんで? 

788 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:03/07/14 01:09 ID:Paeaee+g
「ちいせぇ穴だからオラの入るかなぁ」「平気だ…入れるだよ悟空さ」グッ…「!痛っ…」「痛てぇのか?やっぱこの穴違うんじゃねぇのか。」「この穴でいいだよ…それより悟空さ、おら大丈夫だから早く…」「ああ、もっと奥に入れればいいんだな?」ハイ、次↓

790 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:03/07/14 01:42 ID:A0a5oZw7
ほんじゃ頑張ってみるか

>788
「いたっ…」
「お、おい。涙出てんぞ。大丈夫か」
「だ、大丈夫だ。最初はみんなこうなんだ」
「やめとくか?」
「ううん… 今して欲しいだ…」
「…じゃあ、入れっぞ」
「あっ… んんん!」
「うひゃあ。チチん中って気持ちいいんだな」
「ば、ばかっ、そったらこと大声で言うもんじゃねえだ」


いまいちエロくなんないな…。
次に期待↓


791 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:03/07/14 12:37 ID:o62Q3kn4
「なんかムズムズしてきた。動いていいか?」
「…そっそんなこと聞かねぇで…け…ろ…ああんっ」
「どうした?チチ!」
「…もう少し…ゆっくり…優しくし…あんっ…」
「本当に大丈夫か?チチ」
「あっ…続けて…」
「こうか?」

↓お次よろ


792 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:03/07/15 00:42 ID:LrvVMpa5
あいよ~。
会話だけっつーのもなかなか難しいもんだな(w

「あ…んっ、そこっは…っ…。ごく…う、さ…っ」
「痛ぇっつってたくせに……なーんか気持ちよさそうなカオしてんなぁ
 ここん所も……ほら、グチュグチュいってんぞ」
「だ…だって…。悟空さが……っ」
「オラが何だよ? オラ、おめぇの中で動かしてるだけだぞ?」
「悟空さが……そ、そんな風に動くと、おら、気持ちよくなっちまうんだ……んっ…」
「そんな風て、こうか? …それともこうか?」
「あ、あっ…っ」

頼んだ。

798 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:03/07/16 09:12 ID:+qdYagTi
悟空、エロ知識がない分、セックルのヴァリエーションをつけにくい。
難しい!

「チチのココって気持ちいいな…なんかどんどん気持ちよくなってきたぞ」
「オ…オラもだ…ご、ごくう…さ……」

次、頼んだ!

805 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:03/07/17 00:13 ID:Su1Z3Jck
>798
いざ想像しようとすると、ホント難しい。

「チチっ…! オラもう止まんねぇ!!」
「あっ、あっ…あ! そんなにしちゃっ…っ」
「はぁああぁあっ!!!」
「あーっ 悟空さーっ…」



「なんかキモチいいもんだったな~。なんでおめぇ、知ってたくせに黙ってたんだ?」
「ば、ばかいうでねぇ! おらはてっきり悟空さが知ってるとおもって待ってたんだぞ!」
「いや、全然」

つづく…? のか?
エロ的には、>784が一番エロくて好みですた。


806 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:03/07/17 01:04 ID:YZB2fetQ
>エロ的には、>784が一番エロくて好みですた。

それはサンクス(お礼も変だが)。


意外にあっけらかんとしてるかもしれない>悟空

「? 気持ちよくなっちゃいけねえのか?
 オラは気持ちいいぞ? チチは違うのか」
「やっ… おらも気持ちいいだども…」
「なーんだ、ならいいじゃねえか」
「けんど、恥ずかしいだ…」
「夫婦なんだろ? いいんじゃねえのか?」
「だども… あっ」
「ん? こうした方がいいのか?」
「んんっ そっ、そったらこと言えねえだ…」
「言わなきゃわかんねえぞ」
「あんっ あっあっ… (小さく)きっ、気持ちいいだ…」
「そっかあ。じゃ、ちょっくら集中してやってみんな!」
「あっ! ああっんっ! やっ ご、悟空さっ」

みたいな。また、止まんなくなったぞ(w

(終)