都市ギャラリープロジェクトとは

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本プロジェクトの目的


都市ギャラリープロジェクトは、「都市を丸ごとギャラリー化し、芸術空間を創造する」というコンセプトのもとに立ち上げられたプロジェクトです。広島市立大学の学生が主導して、異なる知識・能力をもった多彩な集団を結びつけ、意欲をあおる芸術空間を創造し、広島の成長と発展に寄与します。

当プロジェクトの根幹をなす特徴として、2つの事柄が挙げられます。

①私たち都市ギャラリープロジェクトチームが中心となって、地域や海外の人々を巻き込み、行政や企業によりサポートを受けながら、皆で広島を魅力ある都市へと発展させていくことです。

②国際色あふれた事業であることです。海外の企業の協賛を得ました。韓国の小学生や大学生にワークショップというかたちで作品制作に参加してもらい、それを通じて国際交流を推し進めていきます。



活動内容

実績として、第1弾「みどりの家といきものキャラバン」を広島駅新幹線口前で展開しました(2008年10月~2009年5月)。工事現場の仮囲いをキャンバスとして使用したアート作品でしたが、一般に言う芸術作品ではありません。作品のモチーフとなっている葉、動物、幹の一つ一つを、ワークショップを介して地域の人々(児童、小学生、中学生、大学生、老人福祉施設の方々、公民館で活動する団体)に制作していただき、「皆で作り上げた」作品を創作しました。プロジェクトの実行にあたり、多くの企業にご協賛をいただきました。関係者の皆様の温かいご支援のおかげで、無事にプロジェクトを成し遂げることができたと実感しております。

第1弾では「工事現場の仮囲い」をキャンバスとして表現していましたが、第2弾では新たな可能性を探った結果、「地下街・地下通路」を選択しました。





団体概要

団体名:広島市立大学 都市ギャラリープロジェクトチーム
     Hiroshima City University: City Gallery Project Team

団体所在地:広島県広島市安佐南区大塚東三丁目4番1号

代表:広島市立大学国際学部 准教授   金 泰旭

プロジェクトメンバーは、広島市立大学の国際学部および芸術学部の教員と学生で構成されています。