七色の軌跡—つながる未来—

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

展示期間:2010年2月20日 ~ 2010年5月末(予定)


展示場所:広島市中区紙屋町 地下街シャレオ 東広場周辺(八丁堀方面)






大きな地図で見る




 第2弾は広島県広島市中区紙屋町にある「紙屋町シャレオ(http://www.shareo.net)」にて実施いたします。
紙屋町は広島市中心部の繁華街で、広島の文化・商業・交通が集中しています。徒歩圏内に広島バスセンターや原爆ドーム、平和記念公園、広島東洋カープの元本拠地である旧広島市民球場など様々な施設があります。

 その紙屋町の中心にある交差点の地下に「シャレオ」という中四国地方最大の十字型の地下街・地下通路が広がっています。シャレオは様々な店舗が軒を連ねるショッピングモールとして、また、路面電車の駅やバスセンターへ繋がる地下通路として、多くの市民が利用しています。

 私たちはこのシャレオから、見る人が元気になってくれるようなアート作品を発信し、紙屋町を活性化させていくことを目標としました。

人を元気にするものは何か?
それは、子供たちの無邪気なエネルギーだ!
というところに到達しました。

 そこで、子供たちの元気を分けてもらうべく、ワークショップという形で作品制作に協力してもらいました。
今回は広島市立幟町小学校と韓国ソウル市の啓星(ケソン)初等学校に協力をしていただくことになりました。元気溢れる日韓の子どもたちが交流しながら作品制作に参加することで、広島の、そして日韓交流の明るい未来を築いていくことができると信じています。
タイトルは「七色の軌跡―つながる未来―」です。作品に用いた様々な色(七色)を、多様性と共存の象徴として位置づけました。
作品にあふれる子供たちのエネルギーを、たっぷりと受け取ってください。



作品テーマについて


 作品テーマは「海」です。海は世界を繋げています。海は人々にたくさんのものを与えてくれる、大きな存在です。また、紙屋町周辺は400年以上前までは海だった場所で、広島の発展に欠かすことは出来ません。地域性と国際性の両方に関係する今回のプロジェクトにはぴったりのテーマではないかと思っています。


ポスターB3

第1弾 第2弾
http://www42.atwiki.jp/citygalleryproject/pub/7colorsposter-A.jpg 7colorsposter-B.jpg
(クリックで拡大)