七色の軌跡:第2回ワークショップ in 韓国・啓星初等学校

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

実施日:2009年12月22日
会場:韓国・啓星初等学校
講師:都市ギャラリープロジェクトチーム
参加者:韓国・啓星初等学校 5年生



お隣の国・韓国はソウル市の啓星(ケソン)初等学校で第2回を行いました。
プロジェクトチームからは代表と学生1名(学生リーダー)が“出張”し、現地の大学生にも協力してもらいながら作業を進めました。
ここでは、第1回WS作品の続きの作業が行われ、無事に完成しました。
また、第1回と同様の作業を韓国の小学生にもしてもらい、こちらの作品の続きを日本の小学生が行います。

韓国・ケソン小学校のみなさんも、幟町小学校のみなさん同様、とても楽しみながら作品づくりをしてくれました!
そして、、「この名前は何て読むの?」「男の子?女の子?」と自分の作っている作品を途中までつくったのはどんな子なのか気になる様子でした。
今回のワークショップを通して日本を身近に感じてもらえたと思います。

興味深かったのは、日本の小学生よりも競争心の強さが顕著に表れていたところです。
陣取りゲームで、どちらが勝ったか負けたかというので喧嘩をしている組がたくさんありました。
あくまでも勝つことにこだわる韓国の子供たちの姿勢は、ある意味日本の子供たちが学ぶべきところなのかな、と感じました。
ワークショップ実施に向けてご協力下さったケソン小学校や、現地スタッフ、そしてこのプロジェクトを支援して下さっている様々な方々に感謝します。