※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「お前は・・・竹竿!」

ツグモは、あいた口がふさがらない。

確かに一度戦った相手が家に来るなど、

夢にも思わない。

とりあえず、竹竿は今までのことをすべてはなした。

~カードマスターCMOM -R turn-~


第三話 隠し身


「・・・・で。なんのために来たの?」

「家がないんだ。」

「はぁ?」

ツグモのあきれた声が聞こえる。

「だから家がないっつってんだろ!」

「なんでだよ!俺の家に来ないで、エクリR本拠基地帰ればいいだろう!」

「当たり前に無理に決まってるだろ!俺は死んだことはあるんだぞ!
 ものすごい勢いで警戒されるわ!」

「うっさいはげ!」

「なんだと!この子供が!」

「お前高校生くらいだろ!てめぇも子供だろう!」

「うっさい!このやr」

その時だった。

竹竿の後ろの壁に、包丁が刺さった。

かすかに竹竿の頬にかすったと思う。

よくみればツグモにもかすっている。


「あんたたちねぇ・・・どんだけ暴れれば気がすむのよ!」


~*しばらくおまちください*~

「で、ここにいたいと。」

「まぁ・・・そういうことだな・・・雨弓。」

「じゃぁいいわよ!」

「ちょwww雨弓さんwwww」

「 黙 れ 。 」

「はい。」

こうして竹竿の新しい生活が始まった。

気が付くともう夜になっていた。

一日は早い。

光が言っていたように、

地上にいられるのは3カ月。

その間に何をすればいいのだろう。

不安と悩みの渦に落ちた竹竿。

いまは睡眠をとって、このことを忘れるしかない。

それじゃぁ・・・おやすみ。


~Fin~


あとがき・今回すこし手抜き(うぉ